LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

お好み焼きにも◎!美容エキス豊富な「生もずく」食べ方3つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

スーパーなどでよく見かける、「もずく」。パックに入っていて、すでに調理済みのものを思い浮かべるかもしれませんが、生のものもあります。

スクリーンショット 2017-07-02 19.14.10

もずくの旬が5~6月のちょうど今の時期になります。栄養たっぷりで、食感も楽しく、いろいろ料理にも使えます。
今回は、料理研究家である筆者が「生もずくの美容効果や食べ方」についてご紹介します。

■食物繊維による美容効果

生もずくは、ササッと水で洗うだけで食べることができます。ただ、パックで酢漬けにされているものと違って味が付いていないので、調理の必要があります。
もずくには、「フコイダン」という食物繊維が含まれています。あの、ヌルヌルっとした感覚は、この「フコイダン」によるもの。摂取すると、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できると言われています。

■ニオイが気になるときは

生もずくは、水で洗っただけでは生臭さや磯臭さが強いと感じる人もいます。そういう場合は軽く湯通ししてみてください。そのあとに水にさらせば、まったく気にならなくなります。
湯に通すことで、ほんのりと緑色になり、鮮やかさが増します。

■定番のお酢で

三杯酢をベースにした酢で味付けするのが一般的です。
三杯酢というのは、酢、醤油、みりんをだいたい同量混ぜて作るもの。そこに、レモンなどの柑橘系果実を搾って香りや風味を付けます。もしくは、三杯酢にだし汁を加えて作る土佐酢などを使用しても、食べやすいです。

■沖縄風お好み焼きに

洗ってしっかり水を切ったもずくを、お好み焼きの具材として使ってみましょう。もずくの弾力によって、全体のモチモチ感がアップし、新食感です。
ちなみに、もずくの生産量がもっとも多いのは沖縄。普段の食事のメニューにも浸透していて、沖縄風お好み焼きであるヒラヤーチーの具材としてもよく用いられます。

■チャプチェにしても

代表的な韓国料理である、チャプチェ。通常は春雨を使い、ピーマンや玉ねぎ、牛肉などと炒めて作りますが、
春雨をもずくで代用。春雨とはちょっと違った歯ごたえが楽しめ、ヘルシーさも加わります。

いかがでしたか? もずくは夏バテ防止にも有効だと言われているので、暑くなるこれからのシーズンにはピッタリの食材です。美容エキスをたっぷり吸収して、暑さに負けない身体作りにも役立てましょう。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-07-02 19.14.10

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事