LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

ヨーグルトに合わせても◎!?美肌になる「蒸し大豆」活用術

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

豆腐や豆乳の原料となる「大豆」が、身体に良いことはよく知られています。たんぱく質が豊富で、食べれば健康にも美容にも効果があります

10135740 - bowl of minestrone soup with bread

でも、調理する過程において、栄養を逃がしてしまう場合があります。それを防いだのが、「蒸し大豆」です。そのまま食べられるので料理にも使いやすい。
今回は、料理研究家の筆者が「蒸し大豆の料理への利用法」をご紹介します。

■大豆イソフラボンで美しく

大豆を調理する際、煮たり茹でたりする過程で、湯に流れ出てしまう成分があります。健康に役立つ栄養素もあり、非常にもったいない。蒸し大豆は、そういった栄養を無駄にせず、内側に閉じ込めることができるのです。
特に、美容に効果があるとされる栄養素が大豆イソフラボン。肌だけでなく髪にもツヤを与え、女性らしい美しさを保つのに役立ちます。

■「蒸し大豆」のいろいろな利用法

煮物に加えるだけで簡単

大豆を使った料理というと、まず煮物が浮かびます。ひじきやニンジン、切り干し大根やかぼちゃなどの煮物に加えるだけ。
大豆の弾力のある食感と自然な甘みが加わって、料理の味がいっそう引き立ちます。

定番のミネストローネ

豆料理の定番といえば、ミネストローネです。玉ねぎニンジン、ベーコンなどと一緒にトマトソースで煮込んだイタリア料理のことで、日本の料理で言うところの味噌汁にあたります。
他にも、クリームシチューやクラムチャウダーなどの、ホワイトソースとの相性も良いです。

サラダに加えてボリューム感

普段から食べているサラダに加えれば、味だけでなくボリュームもアップして満足のいくメニューになります。
ポテトサラダ、シーザーサラダ、フレンチサラダなど。少量でボリューム感が出るうえに、栄養も豊富なので、美しさを保ちながらのダイエット食として利用可能です。

朝食やデザートにも

意外かもしれませんが、ヨーグルトに加えても美味しいです。ヨーグルトの酸味と、大豆の自然な甘みの組み合わせが◎。大豆は食物繊維も豊富なので、便秘解消に効果あり
寒天に合わせて、みかんの缶詰などを加えて黒蜜をかければ、夏らしい爽やかなデザートになります。

いかがでしたか? 蒸し大豆は調理が必要ないので、そのままおやつ感覚で食べる方もいるようです。ただ、カロリーが低いわけではないので、食べ過ぎには注意。
上手に料理に利用してください。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

10135740 - bowl of minestrone soup with bread

Related Article関連記事

ピックアップ

“老け見え髪”の悩みに◎!若見えサラツヤ髪が叶う上手な「ヘアドライ」とは?

梅雨の時期や夏の暑い時期は「湿気によるうねり」や「ぺちゃんこ髪」などに悩まれている方も多いでしょう。せっかくスタイリングをしても、不規則にうねった髪は疲れ顔、ボリュームのない頭頂部はプラス10歳の老け …

最新の記事