LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

意外な調味料と合う!むくみ防止にも◎なズッキーニの食べ方

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

これからの季節、食卓に夏野菜がたくさん並んでいくことでしょう。「ズッキーニ」も夏野菜のひとつで、青々とした色が、いかにも身体に良さそうです。

スクリーンショット 2017-06-20 16.38.28

見た目はきゅうりに似ていますが、食べ方はやや異なります。きゅうりにはない栄養素も含まれているので、是非召し上がって頂きたい野菜です。今回は、料理研究家の筆者が「ズッキーニの食べ方」についてご紹介します。

■夏野菜らしい美容効果

見た目はきゅうりに近いですが、実はかぼちゃの仲間です。
これからの時期だと、バーベキューにもよく用いられます。輪切りにして、網などにのせて焼くだけ。アルミ箔で包んで蒸し焼きにしてもいいですね。
ビタミンが豊富で、健康にも美容にも良い。夏野菜らしくカリウムを多く含んでいるので、むくみ防止にも役立ちます。

■ズッキーニの食べ方

ラタトゥイユに

定番の食べ方としては、フランス料理の「ラタトゥイユ」でしょう。簡単に言えば、野菜の煮込み料理です。
ズッキーニを、ナスやピーマン、玉ねぎやニンニクと一緒にオリーブオイルで軽く炒めた後、トマトソースで煮込みます。椎茸を入れると歯ごたえも加わって食べごたえも増します。

皮をむいてサラダに

ズッキーニは生でも美味しい。やや皮が固いので、気になる方はピーラーで薄くむくと食べやすくなります。スライスや千切りにしてサラダに加えると、シャキッとした食感が楽しめます。
少しアクがあるので、切った後に10分ほど塩水に浸けるといいですね。

天ぷらやフリットに

衣を付けて油で揚げて天ぷらやフリットに。外側のサクサク感と、ズッキーニのホクホクとした食感の組み合わせが絶妙です。
ズッキーニには、美容に優れた栄養素であるβカロテンが含まれています。βカロテンは、油と一緒にすると吸収率が高まるので、美容効果に優れた調理法だと言えます。

味噌との相性も良い

ズッキーニは、洋風食材のように感じるかもしれませんが、味噌との相性が良く、和風にもアレンジが可能です。豚肉と合わせて味噌炒めにしてもいいし、味噌汁の具として入れるだけでも美味しい。
火の通し方で食感が変わるので、好みの固さに調節できるようになるといいですね。

いかがでしたか? ズッキーニはカロリーが低く、女性にはありがたい効果がたっぷりなので、ダイエットにも相応しい食材です。ぜひ、この夏の食卓にズッキーニを取り入れてみてはいかがでしょうか。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-20 16.38.28

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事