LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

若返りビタミンをヘルシーに!アーモンドミルクの魅力って?

町山町子

_MG_8053

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

女性に嬉しい栄養素が豊富なスーパーフードの代表格、アーモンド。ナッツ類は、美容と健康に良いことで知られていますが、アーモンドはアンチエイジングにおすすめ! 特にオーバー30代の女性にとって、毎日摂取したい栄養素が豊富に含まれています。

スクリーンショット 2017-06-23 11.56.28

そこで今回は、固形のアーモンドより効率よく吸収できる「アーモンドミルク」をご紹介します。

■若返りビタミンと言われる「ビタミンE」が豊富

様々な栄養素をバランスよく含むアーモンド。とくにビタミンEが他の食品よりも多く含まれており(なんとゴマの約300倍!)、女性ホルモンの調整や血行促進作用が高く美肌や冷え、肩こり対策におすすめです。他にも食物繊維や肌を健やかに保つオレイン酸、ビタミンB2、ミネラル類も豊富。
固形のアーモンドをたくさん食べるよりも、液状のアーモンドミルクを飲む方が栄養の吸収率を高めることができます。

■毎日摂るならアーモンドミルク

アーモンドミルクの主な特徴は4つあります。
1.低カロリーなのでダイエットにおすすめ
2.コレステロールゼロ
3.乳製品フリー
4.豊富なビタミンE
例えば、牛乳コップ1杯(約200ml)で約130カロリー、無調整豆乳だと約95カロリーですが、無糖のアーモンドミルクは30~40カロリーです。普段、牛乳や豆乳を使用している方はアーモンドミルクに変えればもっとヘルシーになりますね。
アーモンドミルクが飲みにくい場合は、コーヒーや紅茶と合わせたり、スムージーにプラスすると取り入れやすくなります。

■自家製アーモンドミルクの注意点

アーモンドミルクは、コレステロールゼロでヘルシーな上、小麦、大豆、乳糖などの物質が含まれていないので、これらの食物アレルギーをお持ちの方は比較的安心して取り入れることが可能です。とはいえ、ご自身の体調により絶対とは言い切れませんので、心配な方は飲用する前に医師に相談してください。

このアーモンドミルクは自宅で作ることもできます。素焼きアーモンドを使う場合はそのまま使えますが、生アーモンドを使用する場合は、酵素抑制物質(消化不良を引き起こし胃腸に負担をかける)という人間の体にとって不調を起こす物質が含まれているので必ず水に長時間(最低8時間以上)浸して水は破棄し、再度水で洗ってから使います。

■自家製アーモンドミルク

材料(4人分)

・ローアーモンド 1カップ
・水 4カップ
・お好みで塩少々

作り方

8~12時間以上水につけたローアーモンドを水洗いしてから、新しい水と合わせてミキサーにかけます。
茶こしやガーゼでこして、アーモンドの残りを絞って完成です。絞りかすはクッキーやマフィン、パンケーキなどの料理やお菓子作りに使えます。

アーモンドミルクは、海外セレブやモデルも愛用しているとメディアで話題になりました。最近は大手スーパーや、コンビニでも見かける機会が増え、手軽に手に入れることができます。
選ぶ際のポイントは砂糖不使用とビタミンEの含有量で決めるといいですよ。味の好み、種類も豊富なので、飲み比べて自分好みを見つけてみてください。
(リンパ・ハーバリスト/ビューティーヘルスライター 町山 町子)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

【参考】
ビタミンE – わかさ生活
アーモンド – わかさ生活
アーモンドミルク – グリコ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-23 11.56.28

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事