LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

和式トイレ座れますか?膝や足腰の衰えに効く1分ヨガポーズ

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

公共トイレで和式が空いても避けることが多くなっていませんか? 服装が理由以外でも、なんとなく避けてしまうという方が増えています。

スクリーンショット 2017-06-19 17.27.59

無意識に避けるのは、単に和式トイレが少ないからというだけでなく、足腰の衰えや、ふくらはぎや足首などが硬くなっているせいかもしれません。そこで今回は、膝や足腰の衰えに効くヨガポーズをご紹介します。

■スクワット姿勢ができない原因とデメリット

1.アキレス腱やふくらはぎ、太ももの筋肉の柔軟性が低下している。
2.腹筋、背筋、足腰の筋力が低下している。
3.股関節が硬い。

この上記3つが原因として考えられます。特にふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるほど大事な部位。下半身の血液を上半身に押し戻す役割をしています。衰えることによって血行が悪くなり、冷え性やこむら返りの原因にもなるので改善したいですね。

1分でも効く!ヨガポーズ「マラーサナ」

リビングでテレビを見ながらでも行える、スクワットポーズがおすすめです。股関節の柔軟性もアップし、骨盤底筋群や背中にも効きますよ。

1.足の裏を床にべったりとつけた状態で、両脚を肩幅よりも少し広めに、つま先は外側に向けて立つ。
2.ゆっくりとしゃがみこみます。お尻を床につけないようにしましょう。
3.両手を合掌し、肘で両膝を外側に押す。骨盤底筋群を引き締めるのもポイント。
このまま、深く呼吸しながらステイ。普段スクワット姿勢をとらない方には、たった1分でも充分に効果を感じられるはずです。

つらい方はこのポーズでOK

2の段階に戻って、ここで呼吸を繰り返しましょう。かかとが辛い方は、ブランケットや座布団をかかとの下に入れると◎

和式トイレに座れない子供が増えている?

欧米の方はこのポーズをとるのが難しいと言われています。近年日本でも、生活の欧米化により和式トイレを使うことが減っているせいか、このスクワット姿勢ができない子どもが増えているそうです。膝や足首が硬くなっていると怪我の原因にも。

「マラーサナ」は女性にとって強い味方。骨盤底筋群に効くこのポーズは、産前から産後、シニア世代の女性にとってとても強い味方。足腰の強さだけでなく、骨盤を整えて股関節を柔らかくし、便秘改善や美脚効果も期待できます。ヨガマットがなくても気軽にできるポーズなので、ぜひお試しくださいね。
(ヨガインストラクター/顔ヨガインストラクター 千葉 ゆか)

【関連記事】
背中で年齢が分かる!贅肉を落とし美ライン背中を作るエクサ
お腹すっきりに即効性アリ!夏向け“美ボディ”を作るエクサ
足のむくみとセルライト対策に◎誰でも簡単!麺棒マッサージ
オトコが離さない!?なめらかな触り心地二の腕を作るエクサ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-19 17.27.59

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事