LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

材料がない!そんな時に◎「乾物」の洋風アレンジレシピ3つ

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

雨の多いこの時期、つい買い物が億劫になってしまう日もありますよね。そして、冷蔵庫の中のものだけで夕食を作ろうとした途端、材料の少なさに唖然とすることも。

スクリーンショット 2017-06-19 17.07.48

そんなときの強い味方が、買い置きの「乾物」です。和風の料理のみならず、おしゃれにイタリアン風、アジアン風にもアレンジ可能! 手早く一品増やせる、簡単レシピをご紹介します。

■切干大根と瓶詰めオリーブのイタリアンサラダ

何かと残ってしまいがちな瓶詰めのグリーンオリーブも、切干大根と合わせると不思議とマッチします。火を使わなくてもできるので、これからの季節にうれしい一品です。

材料(2~3人分)

・切干大根 50g
・グリーンオリーブ 5~6個
・オリーブオイル 大さじ1
・醤油 小さじ1/2
・バルサミコ酢 小さじ1/2
・塩、こしょう 適宜

作り方

1.切干大根はたっぷりの水で10~12分ほど戻し、水気を絞ってひと口大に切っておきます。グリーンオリーブは輪切りにしておきます。
2.1とすべての調味料をよく混ぜ合わせれば完成。

■きくらげと干しエビのタイ風オムレツ

きくらげのコリっとした食感が、ふんわりした卵と絶妙な相性。干しエビで作るタイ風ソースがまた格別です。

材料(2人分)

・卵 3個
・きくらげ 5g
・塩 適宜
・サラダ油 適宜
・干しエビ 3個
・にんにく ひとかけ
・ナンプラー 小さじ1/2
・レモン汁 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・水 大さじ1

作り方

1.きくらげはぬるま湯に10分ほど浸して戻し、せん切りにしておきます。
2.1と卵、塩、こしょうを混ぜ合わせて、サラダ油をひいたフライパンでオムレツ状に焼きます。
3.干しエビは、浸る程度のぬるま湯に10分つけて戻してみじん切りにし、にんにくもみじん切りにしておきます。ここにすべての調味料を入れて混ぜ合わせ、ソースにします。
4.1のオムレツに3のソースをかけていただきます。

■ひじきと茹で大豆のフレンチマリネ

ひじきと大豆と言えば、どうしても和風の味付けと考えてしまうところですが、フレンチ風のドレッシングでマリネするのも美味しいです。

材料(2人分)

・ひじき 10g
・茹で大豆 40g
・セロリ 1本
・オリーブオイル 大さじ1
・酢 大さじ1
・砂糖 ひとつまみ
・塩、こしょう 適宜

作り方

1.ひじきは熱湯に30秒ほど浸して戻し、冷ましておきます。
2.セロリは茎の筋をとって、斜め薄切りにしておきます。
3.すべての調味料をよく混ぜ合わせたところへ、1と2と茹で大豆を加えて、冷蔵庫で30分ほど味をなじませれば完成。

■高野豆腐とツナのチーズ焼き

高野豆腐とツナ缶があったら、絶対に作りたい逸品です。ジューシーでボリュームもあるのにとってもヘルシー。癖になります!

材料(2~3人分)

・高野豆腐 2枚
・玉ねぎ 1/3個
・ツナ 1缶
・豆乳(牛乳でも) 少々
・マヨネーズ 大さじ2
・塩、こしょう 適宜
・ピザ用チーズ 適宜

作り方

1.玉ねぎはスライスしておきます。
2.高野豆腐は人肌に温めた豆乳(牛乳)に浸して戻し、やわらかくなったら角切りにします。
3.ボールに1と2、ツナ、マヨネーズ、塩、こしょうを入れて、ざっくりと混ぜ合わせます。
4.3をグラタン皿に移し、ピザ用チーズをかけて、オーブントースターで3~5分ほど焼いて完成。

長期保存に耐えられるよう、先人たちの知恵が生み出した乾物は、現代の多忙な私たちにとってもありがたいものです。わずかの手間で変身するのもうれしい食材。もっと日常の食生活に、気軽に取り入れていきたいですね。
(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-19 17.07.48

Related Article関連記事

最新の記事