LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

目の下やほうれい線など、顔のたるみはフケ顔の原因に。ファンデーションを使っても隠しにくいため、毎日のケアが重要。過去の記事の中から、顔のたるみを引き締める顔ヨガのポーズをご紹介します。

「笑顔の癖」がシワを生む!?老け見えポイントと顔ヨガ2つ ▶

0b54b649db7574fc9763930a1506461a_s

ほうれい線にアイロンがけ!「フグ」の顔ヨガポーズ

「フグ」の顔ヨガポーズでホウレイ線にアイロンがけをしておけば、メイクよれもシワともおさらば! メイク直しの時や、移動時間を利用してこまめに行なえば持続性も増してきますよ。

「フグ」の顔ヨガのポーズ

1 .鼻から息を吸って、口の中にたっぷりと空気をためましょう。まるでフグのように、鼻下や下唇からあごにかけて膨らむ程度にです。

MG_1131-e1413534728138-274x300

2. 左右どちらかの頬に空気を移動させます。息は止めず、鼻呼吸を自然に続けてください。

MG_1127-e1413534767985-262x300

3 .2と同様に反対側の頬へ空気を移動させます。

MG_1129-e1413534748453-268x300

4 .鼻呼吸を続けながら、あごへ空気を移動します。再び、1から4を順番に数回行ってみましょう。

MG_1132-e1413534782951-252x300

鏡がタイムマシーンに!自分の「10年後の顔」チェック法 ▶

「目の下のたるみ」に!顔ヨガでアンチエイジング

 目の下にある下眼瞼筋を使うことで、その部分の筋肉に弾力が戻り、問題のたるみを改善する優れたポーズです。

1.口を「おー」の形にして、鼻の下を伸ばします。

IMG_0287-e1418781547531-870x1024

2.上下の唇を巻き込んで、口角を上げて「は〜」と息を吐きましょう。頬と目の下の筋肉を持ち上げるように意識します。この時に口角が下がっていたら、うまく筋肉を使えていない証。しっかりと上に持ち上げましょう!  1と2で、1セットとし、3セットを目安に行ってみてください。

IMG_0288-e1418781572390-776x1024

たるみとほうれい線対策に◎入浴時におすすめ顔エクサまとめ ▶

頬のたるみ解消&リフトアップ「びっくりスマイル」のポーズ

頬の位置が高ければ高いほど、立体的で第一印象は若々しくみられるもの。頬をリフトアップして正しい位置にチークを塗りましょう。

「びっくりスマイル」のポーズ

1.目を大きく見開いたら、口角をキュッと上げます。頬の筋肉を持ち上げてニッコリ笑いましょう。この時、目を大きく開くと同時におでこにシワがよらないように注意します。

20140926mori32-e1417659110784-904x1024

2.下唇を内側へ巻き込んでアゴを少し前に出すようにして10秒キープします。

20140904mori17-e1417659419297-996x1024

3.頬の筋肉が持ち上がりにくい、上の歯が見えてこない人は、頬のところでたこ焼きのように手を使って引き上げるサポートをしましょう。手を離しても、引き上げた位置から頬が落ちないようにキープしましょう。

20140904mori18-e1417659497368-931x1024

たるみ顔リフトアップ!プロ直伝マッサージ&ブラシまとめ ▶

毎日わずかな時間ポーズをとるだけで、問題のたるみを改善できる可能性があります。たるみをキュッと引き締め、疲れ顔、フケ顔にサヨナラしましょう!
(LAR編集部)

【関連記事】
すっきり小顔で印象アップ!たるみフェイスライン改善エクサ
心置きなくたっぷり使える!春の保湿に◎なプチプラケア4選
足のむくみとセルライト対策に◎誰でも簡単!麺棒マッサージ
正しい「呼吸」できている?簡単チェックと舌を鍛える顔ヨガ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-05-23 17.06.56

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事