LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

料理以外にも!?ストレス軽減にも◎な「ローリエ」活用術

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

カレーやシチューなどの料理と一緒に煮込んで使うのが、ローリエです。主に、香り付けとしての役割があります。甘くスッキリとした香りが特徴で、気分も爽やかになります。これからの梅雨時期の、どんよりとした陽気にピッタリの香り。

スクリーンショット 2017-06-12 10.13.26

そこで今回は、料理研究家の筆者が「ローリエの効果的な使い方」についてご紹介します。

■ストレス軽減に

ローリエとは、月桂樹の葉のことです。マラソン大会などの優勝者が、頭に付ける冠状の飾りといえば分かりやすいでしょう。「ローレル」とも言われます。
スッキリした甘い香りが特徴で、気分をリフレッシュさせ、ストレスを軽減させる効果などが期待できます。

■ニオイ消しとして

ニオイの強い肉や魚料理の臭み消しによく使われます。シチューやポトフ、マリネなどが代表的。

スクリーンショット 2017-06-12 10.39.16

使用する際は、葉を折ってから入れると香りが立ちやすく消臭効果も強くなります。

■煮すぎに注意

煮込み料理によく用いられますが、煮すぎると苦みが出てしまい味を邪魔します。ですから、煮込みすぎないよう忘れずに取り出しましょう。細かく刻むと香りは出やすくなりますが、取り出しにくくなるのでお勧めはできません。

■粉末状のローリエ

スクリーンショット 2017-06-12 10.30.10

ローリエには葉ではなく、粉末タイプのものもあります。香りは強くなりますが、そのぶん苦みも強くなるので、かなりニオイの強いレバーなどの食材の料理に適しています。

■保存の仕方

保存する場合は、密閉袋に入れて冷凍保存が理想です。乾燥していないものの場合は、風通しの良い場所でいったん乾燥させてから保存したほうが長持ちするし、使用の際に香りも立ちやすくなります。

■料理以外にも

ローリエが大量に余っていて料理では使い切れないという場合は、風呂に入れて香りを楽しんでみてはいかがでしょう。

スクリーンショット 2017-06-12 10.30.23

爽やかな香りに心癒され、リラックスできるはず。紅茶などに加えてもいいですね。

いかがでしたか? ローリエの魅力はやっぱり香りです。梅雨時期はどんよりとしていて、気分も落ち込みがち。それは健康にも美容にも良くないので、食事の面から改善するのもひとつの方法ではないでしょうか。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-12 10.13.26

Related Article関連記事

最新の記事