LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

意外な隠し味にも!?「ナンプラー」で簡単おうちエスニック

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

タイ料理でよく用いられる調味料といえば、ナンプラーです。魚をベースにした醤油のことで、独特の香りとコクがあるのが特徴です。

スクリーンショット 2017-06-13 18.45.07

日本の一般の家庭にも浸透していて、料理にちょっと加えると、エスニックな仕上がりになります。
今回は、料理研究家である筆者が「ナンプラーの上手な使い方」についてご紹介します。

■ナンプラーは魚醤

ナンプラーは、小魚を塩漬けにして発酵させて作った調味料です。日本では魚醤、もしくは塩魚汁(しょっつる)、ベトナムではニョクマムとも呼ばれます。
エスニック料理によく用いられ、独特の香りが後を引きますが、和食や洋食などとも相性がいいです。

■隠し味に使うなら

チャーハンを作る際、仕上げにサッとひと振りして炒めるとコクが加わり、良い隠し味になります。

スクリーンショット 2017-06-13 18.45.24

パクチーを添えると、さらにアジアンテイストになりお勧め。他にも、お味噌汁やカレーに入れても合います。ただ、ナンプラー自体塩気が強い調味料なので、あらかじめ薄味にしておくなどの調節が必要です。

■唐揚げの漬けダレに

唐揚げの漬けダレを作る際、醤油の代わりにナンプラーを使ってみてください。

スクリーンショット 2017-06-13 18.45.44

酒、生姜、ニンニクなどを加えてそこに漬けこめば、ひと味違ったエスニックな唐揚げに。タイの屋台で食べているような雰囲気が味わえます。

■バーニャカウダソースとして

バーニャカウダソースというと、アンチョビが必要になりますが、そこをナンプラーで代用。マヨネーズとニンニクとナンプラーで、即席バーニャカウダソースのできあがり。スティック状にカットした野菜につけて食べれば、十分本格的な味が楽しめます。

■もちろん魚料理に

ナンプラーは魚醤ですから、魚料理との相性はもちろん良い。

スクリーンショット 2017-06-13 18.53.22

サンマやアジを塩焼きにする際、代わりにナンプラーを使うとエスニック風な仕上がりになります。ライムやレモンなどの柑橘系の果実を搾って、爽やかにお召し上がりください。

いかがでしたか? ナンプラーは、そのまま使うとクセが強いと感じる方もいますが、火を通すことでやわらぎ、うま味とコクが感じられるようになります。ニオイだけで敬遠せずに、お試しになってみて下さい。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-13 18.45.07

Related Article関連記事

ピックアップ

“老け見え髪”の悩みに◎!若見えサラツヤ髪が叶う上手な「ヘアドライ」とは?

梅雨の時期や夏の暑い時期は「湿気によるうねり」や「ぺちゃんこ髪」などに悩まれている方も多いでしょう。せっかくスタイリングをしても、不規則にうねった髪は疲れ顔、ボリュームのない頭頂部はプラス10歳の老け …

最新の記事