LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

それ、冬に増える「冷え便秘」かも!?美味しく解消できる食べ物3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

冬の悩みといえば「冷え」ですが、寒くなると増えるもうひとつの悩みに「便秘」があります。腸の専門家として有名な松生クリニックの松生院長によれば、外気温と室内気温の差が10℃以上になると腸の不調を訴える人が約3倍になるそう。冬になると便秘がちになるという方は、冷えが原因かも知れません。

20141126iwata75

■冷えと腸の関係

冬は、寒さの影響で血行が悪くなってしまいます。手足などの末端の血流が滞るだけならまだ良いのですが、身体が芯から冷えてしまうと、身体深部の温度も低下気味に。人間の身体は、深部体温が37℃台で正常に機能するようにできているため、深部体温が下がると腸の働きも緩慢になり、便秘や下痢といった腸トラブルを引き起こすそう。
また、便秘や下痢が続くと腸内細菌のバランスが崩れ、さらに腸トラブルを引き起こす悪循環に陥ってしまうのです。

 

■「冷え便秘」におすすめ!腸を労わる食べ物

(1)オートミール

オートミールは水溶性食物繊維が豊富。水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境美化をサポート。腸の調子が悪い時は、不溶性食物繊維を含むゴボウやセロリなどを食べると、かえって消化が悪く、負担になる場合もありますから、水溶性食物繊維の豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

(2)ホットスムージー

スムージーは不溶性食物繊維も細かく砕かれているため、胃腸への負担が少なく食物繊維やビタミン・ミネラルが摂れておすすめ。ただ冷たいスムージーは胃腸を冷やしてしまうので、冬はひと肌程度に温めるか、ジンジャーパウダーやココア、シナモンなど身体を温めるスパイスを加えた“ホットスムージー”がおすすめ。

 (3)ホットフルーツ

水溶性食物繊維やオリゴ糖などが含まれるフルーツは、善玉菌の大好物の宝庫。加熱することで甘味が強くなり食べやすくなるだけでなく、リンゴや柿は抗酸化力もUPするそう。冷え便秘の方には、フルーツを温めて食べることをおすすめします。リンゴや柿、バナナを薄く切って、トースターで焼いてシナモンをかけるだけでも美味しいですよ。

内蔵の冷えは、手足の冷えとは比例しません。手足が温かくても内臓が冷えている場合もあるんです。寒くなるとお腹の調子が悪くなる方は。冷え便秘の可能性が……。冬は、腸を温める食事を意識して、お腹から健康を保ちたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

 【関連記事】
腸のアンチエイジングに◎!「夜ホットスムージー」レシピ3つ

【参考】
なぜ体温は37℃なのか? − テルモ体温研究所
寿命をのばすワザ百科 − 日本テレビ
柿は加熱調理すると健康成分が増加する − 慶応義塾大学(PDF)
※松生恒夫著『長生きしたけりゃ、腸は冷やすな』(主婦の友社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20141126iwata75

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら