LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

クレオパトラも愛用!?エイジング世代のお肌に◎な「アロエ」

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

昔からヤケドに塗ると良いなど、家庭で親しまれてきた「アロエ」。世界三大美人の一人、クレオパトラもアロエを全身に塗っていたとも言われ、食用としても薬用としても4000年以上の歴史があるのですが、アロエに含まれる「植物ステロール」という成分が、お肌と関係しているようですよ。

20141126iwata74

■「アロエ」とはどんな植物?

4000年以上前から、民間療法にも用いられてきたアロエ。サボテンのように見えますが、ユリ科の植物です。日本で良くみかけるキダチアロエのほか、食用に使われるアロエベラなど600種類以上のアロエがあると言われています。外側の緑色の部分には、強い緩下効果があり便秘薬としても古くから使われています。

 

■「植物ステロール」とは?

アロエに含まれる「植物ステロール」には、悪玉コレステロールを下げるなど、さまざまな効果が期待されています。植物ステロールとは、植物の細胞膜を構成する成分。人間でいうコレステロールと同じ役割をするとのこと。肌に良いとされるアロエの植物ステロールは、アロエベラにたった5%しか含まれない希少な成分なのだそう。

 

■エイジング世代こそ「アロエ」がおすすめな理由

アロエステロール研究所によれば、アロエに含まれる植物ステロールは、コラーゲンやヒアルロン酸の生みの親「線維芽細胞」に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すそう。線維芽細胞が元気であれば、紫外線ストレスでコラーゲンなどが分解されてしまっても、修復が期待できます。しかし、線維芽細胞は年齢とともに数が減少し機能も低下するため、シワ・たるみ・乾燥などを引き起こす原因に。線維芽細胞の働きを活性化する「アロエ」は、内側から肌を修復するエイジング世代にピッタリなビューティーフードと言えそう!

そのまま食べてもOKですが、アロエベラジュース、アロエ入りヨーグルトなど、手軽にアロエを摂れる商品も販売されています。クレオパトラの美の秘訣「アロエ」で、エイジレスな美肌を追求してみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
「美腸」は「ストレスフリー」のモト!?味方につけたい乳酸菌まとめ

【参考】
アロエステロ―ル研究所 − 森永乳業
※からだにいいコトバ辞典「アロエ植物ステロール」−『からだにいいこと』2015年1月号(祥伝社)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20141126iwata74

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事