LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

衣アレンジでバリエ広がる!ふわサク「フリット」を作るコツ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

揚げものというと、調理方法としては、天ぷらや唐揚げ、素揚げなどがあります。さらにもう一つ、フリットという調理法もあります。他の揚げものとは少し違った、サクサクでふんわりとした食感に仕上がり、特に女性や子どもに喜ばれます。パーティーメニューにもピッタリ。今回は、料理研究家の筆者が「フリットの作り方や美味しく食べる方法」をご紹介します。

スクリーンショット 2017-05-31 20.51.23

■フリットとフライの違い

フライは、食材に溶き卵やパン粉を付けて油で揚げたものを指します。これに対してフリットは、メレンゲを混ぜて作った衣を使い、油で揚げたもの。噛んだ時にカリカリとした食感だけでなく、ふんわりとした柔らかさが加わるのが特徴です。フリットは、フランス語で「揚げる」の意味です。

■ポイントはメレンゲ

フリットを美味しく仕上げるポイントはメレンゲです。卵を卵黄と卵白に分け、卵白をハンドミキサーや泡立て器を使って、角が立つくらいまでしっかり泡立てます。これを衣に加えることで、カリカリの奥にふんわりとした食感が楽しめます。

■合う食材は

白身魚などは身のふわっとした食感を損なわず、衣のサクサク感とともに絶妙な仕上がりになります。イカやエビなど、独特の弾力のある魚介なども良いですね。かまぼこなどの変わり種も、食感が楽しめます。山菜やキノコ類などは、凝縮された自然の甘みが感じられます。

■ソースを工夫して

塩やマヨネーズといった定番の食べ方でも美味しいですが、ソースを工夫しても面白い味になります。チリソースでピリ辛にしたり、濃厚なタルタルソースをたっぷり付けてボリューム感を出したり、バルサミコソースで酸味とコクを加えても。パーティーなどで出す場合はいろいろ用意しておくと喜ばれます。

■衣をアレンジ

衣をアレンジしても、また違った味が楽しめます。衣にパルメザンチーズやカレー粉を混ぜれば、さらに食欲をそそられる味になります。また、ビールを混ぜるとよりふわっとした仕上がりになるので、試してみてもいいかもしれません。揚げるとアルコールはとんでしまうので、苦手な方でも問題はありません。

いかがでしたか? ホームパーティーなどで出すメニューとして、フライはもう定番で飽きたという時にフリットはとても良い。新たな食感に、みんなの顔をもほころびます。ソースを工夫すれば、何通りもの楽しみ方があるのでお勧めです。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-05-31 20.51.23

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事