LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

さやのままBBQでも!むくみ解消にも◎な「そら豆」活用術

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

青々とした色合いと、食べた時に口の中に広がる甘みと香りが魅力なのが、そら豆です。これから夏にかけてが、もっとも美味しい時期でもあります。でも、いまいち調理の仕方が分からないと、スーパーなどに並んでいても手が出しづらいこともあるかもしれません。そこで今回は、料理研究家の筆者が「そら豆を美味しく調理する方法」をご紹介します。

スクリーンショット 2017-06-01 19.39.33

■ありがたい!むくみ解消効果

そら豆は、非常にカリウムを多く含んでいることで知られています。カリウムには利尿作用があり、食べることでむくみ解消に繋がります。血圧を下げる効果もあるとされているので、美容と健康に相応しい食べものだと言えます。

■茹でる際は切れ込みを

そら豆は、塩茹でにするのが一般的な食べ方。茹でる場合は、さやから豆を出して側面に切れ込みを入れてから湯に投入します。こうすることで塩味がしみこみやすくなるからです。他にも、シワが入りにくくなったり、むきやすくなるなどの利点もあります。

■焼く場合はさやのまま

茹でる際はさやから出しますが、焼く場合はそのまま。内側のわたから水分が出て、蒸し焼きの状態になります。フライパンでもオーブンでも網焼きでも構いません。これからのバーベキューシーズンにピッタリです。

■素揚げでカリカリに

さやから取り出して豆の側面に切れ込みを入れ、熱した油に投入。色が変わってくるぐらいまで揚げ、油を切って塩などをふって召し上がってください。外はカリカリ、中はホクホクの食感が楽しめます。

■ポタージュにして飲んでも◎

そら豆を鍋に入れ、玉ねぎやニンニクと一緒に柔らかくなるまで煮ます。ミキサーにかけて撹拌したら、牛乳を加えて再び加熱。あとはコンソメを入れ、塩胡椒で味を調えれば、ポタージュの完成です。濃厚なそら豆の味が堪能できます。

いかがでしたか? 他にも、春巻きの具材などに使うと、ホクホクの食感が加わって美味しいです。そら豆の青っぽい風味に、夏の訪れを感じるのではないでしょうか。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ
知らずにやってる!?今見直したい、残念な野菜の食べ方5つ
食べる日焼け止め「リコピン」の効果UP!の食べ方4つ
美人の朝はコレ!脂肪を燃やし体内から温める飲み物まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-01 19.39.33

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事