LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

コットンにアレを仕込む!目元メイクお直しの必見テクニック

市川愛子

市川愛子プロフィール画像

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

パーティやイベントなどの外出時、小さいバックを持ちたい。出張や旅行で荷物を減らしたい。でも実際には「あったら便利かも」とメイクアイテムが増えて、ポーチがパンパンになってしまうことはありませんか?
OL時代から出張が多かった筆者が行っている「荷物を減らす裏ワザ」で簡単・キレイ・リタッチ法をご紹介いたします。

スクリーンショット 2017-06-08 19.42.07

■コットンに必要なアイテムを「仕込む」

化粧直しに必要なアイテムをコットンや綿棒に仕込みます。

やり方

コットンを中心から半分に割き、フェイスパウダー・チーク・ハイライトなどをコットンに含ませます。

綿棒にメイクアップベースをつけておき、ラップで巻いた後、小袋に入れる。

画像左からメイクアップベース・フェイスパウダー・ハイライト・チークカラー。ポーチはパンパンになります。

必要なアイテムは備えつつ、メイクポーチがスリムになりスマートに持ち歩けます。本体はパウダーファンデ・アイブロウ・リップのみ。

■コットンで簡単リタッチ法

目元の明るさで顔全体のイキイキ感が変わるので、目元のお直しは必須。メイクアップベースとハイライトがお役立ち!

やり方

1)綿棒に含ませたメイクアップベースで、目の下をさっとふき取ります。
2)パウダーファンデを軽くおさえます。
3)フェイスパウダーを含ませたコットンは、半分から2つに裂き、ブラシのように全体にササッとなでるようにつける。
4)コットンに含ませたハイライトで目の下、チークを頬になじませ完成です。

少しの手間で荷物が激減し、ポーチもスリムになるので、スマートに外出したい時におすすめの方法です。しかもキレイにリタッチできるのでぜひ、お試しください。
(美容家/コスメコンシェルジュ・市川 愛子)

【関連記事】
“できる”女はメイクが違う!プロが教える職場メイクのコツ
切れ長、デカ目が自由自在。プロが教えるアイライン上達の肝
夏のメイクに自信!美容家も使っている優秀UV化粧下地4選
目を閉じてはダメ!?プロが教える「アイライン」上達のコツ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-06-08 19.42.07

Related Article関連記事

最新の記事