LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

美容効果バッチリ!旬の山菜「ゼンマイ」の美味な食べ方3つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「ゼンマイは見た目が苦手」という意見もたまに耳にします。分からなくもないですが、食べてみると独特の歯ごたえがあってとても美味しい。メインというよりは、料理に添えることで良さが引き出される野菜です。栄養も豊富で美容にも効果があり、女性には召し上がって頂きたい食材。今回は、料理研究家の筆者が「ゼンマイの美味しい食べ方」についてご紹介します。

スクリーンショット 2017-05-22 10.54.51

■抗酸化作用で若々しさを

ゼンマイの旬は4月から5月にかけて。今がちょうど美味しい時期です。ゼンマイにはオスとメスの種類があり、オスには胞子を飛ばす役割があります。しかしやや味が劣るため、食べるのは主にメスになります。βカロテンが豊富で、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できます。食物繊維も豊富なので美容にとても良い食材です。

■あく抜きが必要

ゼンマイは、あくが強い食べものです。スーパーなどで売っている水煮であればそのまま食べられますが、摘んだものは綿毛を取ってからあく抜きが必要になります。鍋にたっぷりの水とゼンマイ、重曹を入れて沸騰させ、火を止めてから一晩おけば食べられる状態になります。

■美味しい食べ方とは

油で炒める

ゼンマイは油との相性が良い食材。炒めものにするととても美味しいです。豚バラ肉などと合わせて油と一緒に炒め、醤油や味噌で味付けすれば、ごはんの進むおかずに。他の山菜と合わせて油で揚げて天ぷらにしても、苦みのない仕上がりになります。

シンプルなおひたしに

下処理したゼンマイを、醤油とみりんで和え、鰹節をかけておひたしに。シンプルながら、旬な素材の味を楽しむことがでる料理です。すった生姜や白ごまをかければ、風味も加わってさらに食欲が掻き立てられます。

韓国料理の定番ナムルに

フライパンにゼンマイを入れ、ごま油とみりんと醤油、ニンニクなどを加えて軽く炒めればナムルのできあがりです。ごま油の香ばしさとゼンマイの食感がたまりません。また、ナムルといえば韓国料理の定番。もやしや、ほうれんそうのおひたしと合わせてビビンバの具材にしてもいいですね。

いかがでしたか? 下処理が面倒だという方は、乾燥ゼンマイなどもあるので、水で戻すだけで簡単に料理に利用できます。美容にもとても良いので、見た目がいまいちだからと敬遠せず、食事に取り入れてみてください。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-05-22 10.54.51

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事