LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

顔も「形状記憶」したい!ほうれい線・たるみ解消のための心掛け4つ

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

サラリーマンのユニホームとも言えるスーツやワイシャツには、形状を記憶しておくタイプのものがあり、アイロンをかける必要がないため主婦の強い味方です。この形状記憶、顔にも引用できるのではないかと筆者は考え、日々の生活の中で主に4つことを実践しています。どれも、家事の合間やテレビを観ている最中などに手軽に行うことができるものばかりです。早速ご紹介しましょう。

006d884e567a4405c903f6175da1726c_m

■形状記憶させることでエイジングサインを解消する方法4つ

家事の合間でもテレビを観ている時でもOK!

1.「口角アップ」を意識する

年齢とともに下がる傾向にある口角。口角が下がるとグッと老けた印象になるだけでなく、周囲の心象を損ねる恐れも! そこで普段から口角を少し上げるよう、心掛けるのがおすすめ。口周りの表情筋が鍛えられると同時に周囲に好印象を与えること間違いなし!

2.鏡の前で微笑!頬の高さをアップ

笑うと表情筋が動かせ、頬の高さがアップします。笑った時と澄ましている時の顔の状態を、1度比較してみてください。笑った時の方が頬の位置が高く、ほうれい線などが目立たなくなり、若く見えるという人が多いのではないでしょうか? 「笑う門には福来たる」ということわざがあるように、笑顔が嬉しいことをもたらすという心理的効果も期待できるでしょう。

 3.ほうれい線は口の中からアイロンをかける

吉本の美容番長と呼ばれているシルクさんの美容法をやりやすいよう、筆者流にアレンジしたもの、それがほうれい線のアイロンがけです。やり方は下記の通り。

  1.  口を少し開く。下の動きに合わせて口の開き方、大きさなどは柔軟に変化させてOK。
  2.  ほうれい線に裏側からアイロンをかけていくイメージで、口の中から舌をほうれい線部分にあてながら伸ばす。何度も繰り返す。

毎日継続して行うと筆者自身、ほうれい線が浅くなるのを実感しており、予防も期待できると感じています。

4.ポニーテールやターバンで「顔を上向き」に

ポニーテールをしたり、ターバンを使うなどして顔を上に引き上げ、その状態を長時間キープさせ、上向きの状態の肌を記憶させる方法もあります。特にポニーテールは頭皮の引き締めも期待でき一石二鳥。自宅にいる間に行うだけで嬉しい効果が実感できる可能性大です。

家事の合間など普段からこれらのことを心掛け、思いついた時に実践すれば、嬉しい効果を実感できるでしょう。毎日ほんの少しの努力で、若さと美しさをキープできる可能性が高いので、ぜひ心掛けてみてはいかがでしょうか。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
年内に「肉顔」卒業!?ほうれい線スッキリ、小顔を作る顔ヨガ

【参考】
※田村俊人監修『小顔シリーズ第2弾 5秒で10歳若返る! 最強引きあげベルト―頭につけるだけで女優なみのリフトアップ!』(主婦の友社生活シリーズ)
※シルク著『シルクのべっぴん塾 』(ヨシモトブックス)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

006d884e567a4405c903f6175da1726c_m

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事