LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

「おでこのしわ」予備軍かも!?セルフチェック&解消の顔ヨガ

森初世

mori

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

おでこにしわがしっかりと刻まれてしまった場合、鏡に写る自分をみて気づくことができます。鏡の前で様々な表情を作って自分の姿を確認している、という人は少ないかもしれません。実は、エイジング世代には「おでこジワ予備軍」が意外にも多いことをご存知でしょうか。メイクをしている時、話をしている時、気になる記事を見かけた時など、日常のあらゆるシーンでわたしたちは眉毛を上げ、おでこを動かしているのです。

shutterstock_116408251

■自覚が少ない「おでこジワ予備軍」

目を大きく開けてみてください。開けた時に眉毛が上がった人、実は正に「おでこジワ予備軍」のサイン! 上を向いた時におでこにシワが寄ってしまう人も同様です。自覚症状がないのにシワ予備軍だなんて、思わず目を背けたくなる現実ですが、ここはポジティブに捉えたいところ。そもそも、おでこにシワができるのは、目を開けるためにおでこにある前頭筋を使っているから。目の回りの眼輪筋を使えば、自然とおでこの力も抜けてシワも気にならなくなります。そこで、顔ヨガの「双眼鏡のポーズ」で眼輪筋を鍛えましょう!

 

■額のシワ解消!双眼鏡のポーズ

1. 前髪の生際からおでこのシワを伸ばすように、人差し指を横にして眉の上までもっていきます。眉が上がらないように押さえ、眉間にシワが寄らないよう、左右に少しだけ引っ張りましょう。親指は頬骨の上に添えます。ちょうど双眼鏡をのぞくような感じです。

2. 手はそのままに、目だけ細めましょう。まるでまぶしい光をみるような感じです。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

3. 眉が上がらないよう注意しながら、目を大きく見開きます。この時、眉毛や額が動いてしまう人は、サポートしている手でしっかりと動かないようにしましょう。ですが、あまり力強く押さえつけないようにして。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

ふとした瞬間にあらわれるおでこのしわ。日頃から目の周りを鍛えて、エイジングに備えましょう。
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
※ 「怒ってる?」と聞かれたら要注意!「眉間のシワ」解消の顔ヨガ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

shutterstock_116408251

Related Article関連記事

最新の記事