LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

顔のたるみ、原因は?歯科医師が教える「たるみ対策」3つ

KIKU

プロフィール写真4

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

顔ヨガポーズは、表情筋トレーニングとしては効果があるものの、シワやたるみはいつまでたっても消えないままというお悩みを持っている方も多いはず。

顔のたるみ、原因は?歯科医師が教えるたるみ予防対策3つ

そのシワやたるみの原因は、もしかすると表情筋の問題だけではないかもしれません。
そこで、今回は皮膚の構造を細かく見て、それぞれのたるみの原因を知り、当てはまるものがないか考えてみましょう。

■「皮膚の構造」をおさらい

最も外側にある表皮から内側へ向かって6層になっています。

最も外側にある表皮から内側へ向かって6層になっています。
第1層【表皮】
外部からの異物の侵入を防ぐ。皮膚内部からの水分の蒸発を防ぐ。
第2層【真皮】
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが分泌、これにより肌のハリや弾力、水分を保つ。
第3層【皮下組織】
皮下脂肪や血管、神経により構成。外部からの物理的衝撃を吸収するクッションの役割、体温の維持、エネルギーを蓄える機能。
第4層【表在性筋膜(SMAS=Superficial musculo-aponeurotic system)】
コラーゲン質の繊維状の筋膜、顔面の皮下組織を構成する、頭部からおでこやこめかみを通り、首に連続して存在する筋膜群、皮膚を支える土台のような存在。
第5層【表情筋】
表情を作る筋肉。
第6層【リテイニングリガメント】
顔面の皮膚は均一ではなく、特に部分的に強力なたるみなどで皮膚が伸びても落ちないように顔面深部に固定されている。

■皮膚のたるみをつくっている層は?

第1層の表皮を除いた第2層から第6層にある真皮、皮下組織、SMAS、表情筋、リテイニングリガメントの5つの層です。

皮膚のたるみの原因になる層は、第1層の表皮を除いた第2層から第6層にある真皮、皮下組織、SMAS、表情筋、リテイニングリガメントの5つの層です。
つまり、表皮以外のどの場所でもたるみの原因になるということになります。それぞれのたるみの原因も違います。
【真皮】
真皮層で分泌されるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減ると真皮層により表皮を支えていた力が弱まる。
【皮下組織】
皮下脂肪がゆるみ垂れ下がる。
【SMAS】
加齢でコラーゲンの密度が減少、質が悪くなると、皮膚を支える力が弱まる。
【表情筋】
表情筋が衰えると真皮や表皮を支える力が弱まる。
【リテイニングリガメント】
これ自体は重力による垂れ下がりは少ないが、リテイニングリガメントより下部は重力に沿って落ち、独特の老化顔貌になる。

■顔ヨガにプラス!おすすめのたるみ予防3つ

(1)筋膜リリース

筋膜ラインに対して、マッサージのように圧をかけて解放する方法です。
筋肉が硬くなっている筋膜ラインがあると、痛みを引き起こします。痛みの出ている部位は、トリガーポイントといいます。痛すぎる部位は慣れてくるまでは軽めにリリースします。
この方法は、リンパの流れや血流量の向上のメリットがあります。筋肉の弾力が向上するため、顔ヨガ前のウォーミングアップには最適です。
ただし、体調の悪いときには避けることをおすすめします。

(2)咀嚼筋マッサージ

表情筋につながる筋肉に、咀嚼筋が4つあります。
咬筋・側頭筋は、顔に触れて触ることができます。内側翼突筋・外側翼突筋は口の中からしか筋肉に触れることができません。顔の外と中の両方から、咀嚼筋を通じて表情筋をほぐしてみましょう。

(3)細胞内からのリセット方法

オートファジーという細胞の機能を使うことで、皮膚のハリや艶を出す効果があります。
具体的なオートファジーの機能を発揮させる方法は「ファスティング(断食)」です。オートファジーとは、タンパク質のリサイクル方法の1つで、修復できなかった細胞内の異常タンパク質が、アミノ酸に分解されてリサイクルされる際に関与します。
オートファジーは、細胞内あるいは生体内のタンパク質が不足してきた場合に活発になります。つまり、食べるタンパク質の量を減らすことやファスティング(断食)によりオートファジーの働きが活発になり、異常なタンパク質や過剰なタンパク質の分解処理が加速されます
皮膚の修復にも非常に関係のある機能です。

これらの「食」や「表情筋」とは違う筋肉に作用する方法を顔ヨガにプラスすると、より顔ヨガ効果が深まります。
ぜひ、表情筋だけではない皮膚の構造にも目を向けて、たるみやシワへのアプローチを深めてください。
(歯科医師 ヨガインストラクター 細胞環境デザイン学認定医 KIKU
現在,歯科治療と歯科麻酔医として麻酔業務に従事.統合医療としてのヨガや鍼灸,細胞環境デザイン学を学ぶ.歯科医師の目線から顔ヨガと咀嚼筋マッサージを使って『笑顔を魅せる顔づくり』のお手伝いをしています)

【関連記事】
背中で年齢が分かる!贅肉を落とし美ライン背中を作るエクサ
お腹すっきりに即効性アリ!夏向け“美ボディ”を作るエクサ
腰痛防止に◎ガチガチの腰とお尻を楽にするヒップストレッチ
オトコが離さない!?なめらかな触り心地二の腕を作るエクサ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-08-30 14.30.48

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事