LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

ファンデの「色ズレ」解決!プロが伝授するファンデ活用術

上野リサ

13083150_991286497623829_494159747129795529_n-1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

メイクのスキルが一目でバレてしまう「ファンデーションの色」。お店でしっかり確認したはずなのに、いざ顔にのせてみたら合わない……。そんな時でも大丈夫。色の合わないファンデーションを買ってしまった、始めは良かったのになんとなく合わなくなってしまった。そんな経験のある方は必見です! メイクアップアーティストとして、あらゆるパターンの「色ズレ」をアドバイスしてきた筆者が、ファンデーションの活用術をご紹介します。

スクリーンショット 2017-04-15 8.47.22

■肌色よりファンデーションが「暗い場合」

ハイライトをプラス

Tゾーン、目の下から小鼻脇、あご先に、暗すぎたファンデーションよりも明るい色でハイライトを入れましょう。本来の肌色よりもワントーン明るい色を選んでください。すでに暗い色のファンデーションで引き締め効果があります。この時に使うハイライトは真っ白など、肌色よりも極端に明るい色はコントラストが付きすぎるのでNGです。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

シャドーカラーとして

顔全体に使うファンデーションとして使う事をあきらめて、シャドーカラーとして使います。まず、肌色に合ったファンデーションを全体に塗ります。その後、肌色よりも暗かったファンデーションを、まぶた全体からノーズシャドーにかけて、ほほ骨の下からフェイスラインになじませます。アイシャドーのような発色の良いパウダーで入れるよりも、自然な立体感を演出できます。注意点は、ファンデーションの厚みです。必ず明るい色のエリアの方が厚くなるように、仕上げの段階で調整します。目の下から小鼻脇のエリアは明るい色を重ねておきましょう。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

ヘルシースキンを演出

暗い色のファンデーションには、肌色を健康的に見せる役割があります。例えば、肌色が明るい方は血色がないと「具合が悪いの?」と聞かれることがあります。この場合には、あえて自分の肌色よりも暗い色のファンデーションを使うことで、元気に見える場合があります。ただし、黄色味が強くて暗い色はくすんで見えやすいので要注意。

■肌色よりファンデーションが「明るい場合」

顔の外側から中央に向けてシャドーを入れる

肌色には明るさや透明感が欲しいけれど、首と顔の色が違って白浮きしてみるのはNG。この場合には必要なシャドーを入れていきましょう。ポイントは、フェイスラインから顔の中心に向けて入れること。顔の中央部分(目・鼻・口を丸で囲んだ範囲)には、明るい状態を残しましょう。外側から徐々に中央部分に向けて影を入れていきます。鏡で斜め横顔をチェックして、頬の下部分から首にかけてが自然になじんでいれば完成。
30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

必要なポイントを押さえて重ね付けで立体感を

若干明るく感じる色は、顔全体に付けた時に透明感を与えてくれます。全体にはやや薄めに付けてから、目の周りから鼻横・Tゾーン・あご先にだけ重ね付けします。これによって、皮膚感をしっかりと表現して立体的な顔に仕上がります。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■カバー力が高すぎ!?

他にも「色が合わない」と感じる場合、ファンデーション自体のカバー力が高い可能性があります。カバー力が高いということは、それだけ色で覆い隠すということです。薄く付けるだけで気にならなくなる場合もあります。伸びが悪い時には、乳液や美容液で薄めても良いでしょう。作り置きせず、その時に使う分だけ混ぜてください。オイルはメイク崩れの原因になりやすいので、混ぜる時には注意が必要です。


季節の変わり目はファンデーションの色もズレやすくなります。紫外線量の増加や、忙しさから肌色がくすみ、ファンデーションの仕上がりを左右することも。違和感を感じる前に肌状態をチェックして、健やかな肌をキープしたいものです。第一印象の要となるベースメイクの完成度をUPさせて、出会いの春に備えましょう。
(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト 上野 リサ)

【関連記事】
肌悩み別、くすみを払拭して透明感をアップするチーク4選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スクリーンショット 2017-04-15 8.47.22

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事