LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

食卓を華やかに!彩り良く豪華に見せる「お刺身」の盛り付け方

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

スーパーなどでお刺身を買うことがあるかと思います。食べるときはパックから出して、お皿に盛り付けますよね。安いものではないので、できるだけ美味しく見えるように仕上げたい。味だけではなく見た目にも楽しめれば、買った甲斐があるというもの。盛り付け方によって、食卓もかなり華やかになります。今回は、料理研究家である筆者が「彩り良く見せるお刺身の盛り付け方」についてご紹介します。

32034475 - sashimi

■盛り付けは大皿に平盛りで

スーパーで買ったお刺身も、お皿に盛り付けることで彩り良く豪華に見せることができます。小さなお皿に小分けにするよりも、大きなお皿に色んな種類を盛り付けたほうが贅沢な感じがします。一般的に言う、「平盛り」という盛り付け方です。

■ツマを使って奥行きを出す

お刺身を、奥側が高くなるように盛り付けることで、奥行きが出て豪華に見えます。その際に使うのが、パックに入っている大根のツマです。ツマを敷いて、その上にお刺身を角度を付けてのせます。お刺身の種類ごとに互い違い分けて盛り付けることで、さらに奥行き感が増します。

■同じ色のものは分ける

同じ色のお刺身を並べてしまうと、片寄りが出て全体のバランスが悪くなります。なるべく色を分け、同じ色のものは離して盛り付けるようにしましょう。こうすることでかなり見映えも良くなります。

■センターにはメインの魚を

中央の目の付く位置に、メインの魚を置くようにしましょう。センターはそのお皿の盛り付けを象徴するものですから、とても重要なポジション。マグロなどは色合いも良く、センターに相応しいお刺身です。

■隙間を埋めて豪華に

お皿からお刺身が溢れているように見えれば、とても豪華な盛り付けに感じます。そのために、パックに入っている大葉やパセリ、菊などもすべて使いましょう。お刺身は大葉の上にのせ、隙間にパセリや菊を添えれば、贅沢な一皿のできあがりです。
いかがでしたか? 盛り付け方を覚えておけば、お客様が来たときにも便利です。せっかくのお刺身も、パックのまま食べるのは味気ない。最高の状態でお召し上がりください。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
心も弾む!お弁当を美味しそうに見せる「彩り」のコツ4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

32034475 - sashimi

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事