LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

1滴のオイルがポイント!マスカラを最後まで使い切る裏ワザ

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

毎日のメイクに欠かせないマスカラ。ところが、液が固くなったためにダマになってついてしまうことってありますよね。こんなときには、マスカラを少しゆるめてあげるのがおすすめです!

■ほんのひと手間で塗りやすくなる!

1滴のスキンケアオイルを足しましょう。パサパサに固くなってしまったマスカラは、【スクワランオイル】【オリーブオイル】【ホホバオイル】などのスキンケアオイルを足すと、ゆるんで液状に戻ります。オイルの量はわずか1滴でOKです。繊維が豊富に入ったマスカラなどは、特にオイルを使うとうまくいきます。

 

■化粧水を足してもGood

パサパサまではいかなくても、ちょっと液の水分量が減ってきたと思ったときには化粧水を足します。こちらも1滴程度で大丈夫です。入れ過ぎると液がゆるくなり過ぎるので気をつけて。そのほか、乳液、美容液でもOKです。

 

■品質を落とさないためにこれだけは心がけて

マスカラは、コスメの中でもとってもデリケートなアイテム。使う時には、いくつか心がけたいことがあります。まず、必ず消費期限の期間中に使い切るようにするのが重要です。そして、マスカラは大変空気に弱いコスメ。使用後はしっかりとふたを閉めるのを心がけてください。使う際も、何度も出し入れするのはNG。1度の使用につき出し入れは2回に抑えるのが、マスカラの状態を保つコツです。
また、容器の口でマスカラをしごくのも避けましょう。固まった液が中に入ってしまって、不衛生でもあります。容器の口でマスカラをしごいたら、そのたびにきちんとティッシュなどで拭き取る習慣を。これだけでマスカラがぐんと長持ちします。

 

目力をぐっとアップしてくれる、頼れるアイテムのマスカラ。お気に入りのものは最後まで上手に使い切りたいものです。まつげを傷めないためにも、固くなった状態のままで使うのは避けてくださいね。
(ウエルネス&ビューティーライター/ユウコ)

【関連記事】
30代40代が使える!美容家が選ぶ秀逸プチプラコスメまとめ

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事