LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

フライパンで簡単!アンチエイジングおやつ「手作りグラノーラ」

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

朝食やおやつとして人気の高いグラノーラ。主な材料のオーツ麦(オートミール)は食物繊維が豊富なことで知られています。コレステロール値や血糖値の上昇を抑えるなどの働きもあるそうなので、エイジング世代の美容食としても注目したいですね。今回はフライパンでできるグラノーラの簡単レシピ・作り方も併せてご紹介します。

1116_

■オーツ麦の美容健康成分って?

オーツ麦には、マグネシウムやビタミンB1、食物繊維などが含まれます。とくに食物繊維は白米の20倍、玄米の3倍とも言われています! 腸内の老廃物を排出する他にも、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用も期待でき、便秘解消に効果的と言えます。食物繊維の中でも、不溶性の「β-グルカン」は体内で消化されずに腸まで届き、コレステロールを吸着して体外へ排泄する働きが。腸内の老廃物は美肌の妨げになるので、体の中からきれいになれるのは嬉しいですね。

 

■肌悩みごとに食材をチョイス

オーツ麦を使ったグラノーラには、様々なナッツやドライフルーツがブレンドされていることも。ビタミンやミネラルが豊富なドライフルーツ、ナッツなどをオーツ麦と一緒に食べることで6大栄養素をバランスよく摂取できるのです。素材をアレンジするだけで、おいしくグラノーラをいただきながら、肌悩みを解決へと導くことができるかも!?

 

■フライパンでできる!グラノーラの作り方

グラノーラが美容・健康に良いとはいえ、砂糖や油の使われた市販品は意外と高カロリーなことも。実は簡単に手作りできるグラノーラ。甘さや油分を控えめにし、より美容やダイエット向きに作ることも可能。オーブンで作るレシピが一般的ですが、フライパンでの作り方の手順を簡単にご紹介。

<材料> 
・オートミール(オーツ麦) 約250g
・植物油 50ml
・甘み(ハチミツ大さじ5+水大さじ2)
・バニラエッセンス1〜2滴
※ドライフルーツなどが入らないプレーンなものを使いましょう。甘みは砂糖やメープルシロップなど、好みのもので代替可。

<手順>
1.フライパンにオートミールを加え、中火で5分ほど炒める。
2.一度オートミールをフライパンから取り出す。油、甘み、バニラエッセンスを、同じフライパンで温める。
3.ふつふつと沸いたら火を止める。オートミールを戻して、混ぜ合わせる。
4.弱火にして、15〜18分炒めたらできあがり。バットに移して冷ます。

肌悩みやお好みに応じて、ココナッツオイルを使ってみたり、ドライフルーツやナッツをプラスしたりして、アレンジも楽しんでくださいね。腸内環境を整え、体内からアンチエイジングに励みましょう!
(LAR編集部)

【関連記事】
美容家が本当に食べている!「アンチエイジングおやつ」7選

【参考】
※小林暁子監修『フライパンで作る美腸グラノーラ』(KADOKAWA)
オーツ − わかさの秘密

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

1116_

Related Article関連記事

最新の記事