LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

豆腐くさくない!ヘルシーで美味な豆腐クリームを作るコツ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

栄養価が高くてヘルシーなことから人気の「豆腐クリーム」。スイーツにもお料理にも使えて便利ですよね。でも、豆腐のにおいが気になる、なめらかに仕上がらないなど、いまひとつ美味しさを感じられないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。料理家である筆者が、豆腐くさくない豆腐クリームを作るコツをお伝えします。

56740042_m


■美味しい豆腐クリームを作るコツ4つ

(1)絹ごし豆腐を使う

お豆腐は何を使っても構いませんが、絹ごし豆腐を使った方がなめらかに仕上ります。木綿豆腐は、凝固剤によって固めた豆乳を崩して、再度圧力をかけて固めているため、どうしてもザラザラとした舌触りが残ってしまいます。なめらかな豆腐クリームのためには絹ごし豆腐を使いましょう。


(2)豆腐を崩して水切する

一般的に水切は、四角いお豆腐の上から重石をして水切をしますが、豆腐クリームを作る時は、お豆腐を崩してから水切することで、しっかりと水を絞ることができます。さらし布のようなものに崩したお豆腐を包んで重石をして水切するか、吸水シートを使って水を切りましょう。


(3)香りの強い調味料と合わせる

お豆腐のにおいが気になる方は、香りの強い調味料と合わせましょう。

<カスタード風豆腐クリームの場合>

ハチミツ・メープルシロップ・黒蜜・リキュール など

<マヨネーズ風豆腐クリームの場合>

酒粕・味噌・酢・塩柚子・オリーブオイル など


(4)しっかり撹拌する

ホイッパ―などで撹拌するのではなく、フードプロセッサーやミキサーを使って、なめらかになるまで撹拌しましょう。しっかりと撹拌することで、凝固剤で固められた豆腐が崩れ、うま味がアップします。


ヘルシーであっても美味しくなくては長続きしません。ご紹介したコツを取り入れて、美味しい豆腐クリームを楽しんで下さいね。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

56740042_m

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事