LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

「サバ缶+ターメリック+食物繊維」でヤセ体質!?超簡単レシピ2つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

サバ缶ダイエットで一躍有名になった「GLP-1」は、「痩せホルモン」とも呼ばれています。GLP-1は、インスリンの分泌を促すと同時に、血糖値を上げるホルモンの分泌を抑制、また急上昇を抑える働きもあるそう。肥満との関係が深いとも言われています。この痩せホルモンの分泌を促すのは、意外と簡単! 「食物繊維+EPA+ターメリック」の組み合わせで、分泌が促されるようですよ。

20141116iwata65

■「痩せホルモン」とは?

通称と痩せホルモン呼ばれる「GLP-1」は、消化管ホルモンで消化管に入った食べ物を認識して分泌されます。血糖値が高い場合にGLP-1がインスリンの分泌を促すと同時に、血糖値を上げるホルモンの分泌を抑制し、血糖値の上昇を抑えます。血液中に糖があふれ、行き先を失った糖は、コラーゲンなどタンパク質と結合して老化の原因「糖化」を引き起こしたり、脂肪細胞に取り込まれて脂肪の蓄積の原因に! また、食べた物を胃からゆっくり排出させる作用や、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果もあり、ダイエット効果が期待されています。東京医科大学の小田原教授によれば、GLP-1の分泌が多いほど痩せやすい体質になるとのこと!

 

■「痩せホルモン」の分泌を促す組み合わせ

・食物繊維

痩せホルモンGLP-1が分泌されるのは、小腸から大腸にかけて存在する「L細胞」。ここを刺激すると痩せホルモンが分泌されやすくなるそう。食物繊維は大腸で分解され、L細胞を刺激して痩せホルモンの分泌を促します!

・EPA

サバやイワシなど青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)にも、痩せホルモンの分泌を促す効果が。L細胞にはEPAの受容体があり、EPAが入ると痩せホルモンが分泌されるのだそうです。

・ターメリック

中部大学津田研究室の研究によれば、ターメリックなどに含まれる「クルクミン」にもGLP-1の分泌を促す作用があるとのこと。クルクミンはシミを予防する効果、お肌の水分量を高める効果もあると言われ、美肌作りにも◎。

 

■サバ缶の超カンタンレシピ2つ

<キャベツとサバ缶サラダ>
・サバ缶 1缶
・キャベツ 1/6程度
・ターメリック 適量
作り方…スライスしたキャベツとサバ缶を良く和え、ターメリックとコショウを加えて出来上がり。

<サバのトマト煮込み>
・トマト水煮缶 1/2缶
・サバ缶 1缶
・オリーブ 適量
・ターメリック 適量
・ニンニク              1/2片
作り方…オリーブオイルでニンニクを炒め、トマト水煮缶、サバ缶を入れ煮込みます。仕上げにオリーブとターメリックを加えて出来上がり。

年を重ねると代謝が悪くなり、同じものを食べていても太りやすい身体になってしまうと言われます。食生活に食物繊維、EPA、ターメリックを取り入れて、痩せ体質を目指しましょう!
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
今晩作れる!痩せホルモン「GLP-1」を活躍させる「サバ缶」レシピ3選

【参考】
GLP-1とは? − 糖尿病サイト
クルクミンのGLP-1分泌促進作用とその機序 − 中部大学応用生物学部食品栄養科学科 津田研究室
※『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 Vol.5』(学研マーケティング)
機能性食品クルクミンの臨床応用の可能性(PDF)− 日本抗加齢学会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20141116iwata65

Related Article関連記事

最新の記事