LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

増えるとどんどんフケる!意外と見られてる「首のシワ」ケア方法

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

人間のパーツの中で最も年齢が出やすい場所と言えば、首と手があげられますよね。どちらも人目につきやすく、また紫外線にさらされる機会の多い場所でもあります。特に、首は顔に近い部分であるだけに人の視線が向きやすい場所であり、また一度シワが出来てしまうとなかなか消すことが難しい場所だとも言えます。今回は首のシワを防ぎ、美しく保つ方法をご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

■首のシワ予防のために意識すべきチェックポイント4つ
普段の生活の中で、意識したいポイントをチェックしていきましょう。

1.ネコ背 ネコ背だと首が曲がりシワができやすくなるだけでなく、顔もたるみやすくなります。常に姿勢をよくすることが大切です。

2.万全な紫外線対策 紫外線は肌老化の最大の要因! 徹底的に防御する必要があります。日焼け止めをしっかり塗り、外出時にはスカーフやストールを巻く、日傘をさすなど、紫外線対策を万全にしましょう。

 3.高過ぎる枕は使用しない 自分の首の傾斜に合わない枕を使用していると首にシワが寄った状態になり、刻み込まれてしまいます。手鏡を片手に、寝ている時の姿勢と首の状態をあらゆる角度からチェックしてみましょう! ご自身の首の傾斜にあった高さの枕を使用することが大切です。

 4.しっかりとスキンケアを行う 顔やその他の部分にも共通することですが、シワを予防する基本は「保湿」です。また、肌のハリ・弾力を保つことも重要。首専用のアイテムを使用するか、レチノールやビタミンC誘導体など、コラーゲンのケアに有効な成分のコスメを活用してみましょう。

 

 ■首のシワ解消のアイデア
予防していたにも関わらず、首のシワができてしまった! という方に、解消法をご紹介します。

・シワに効果のあるコスメ×スカーフ×仰向け寝
シワの大きな要因の1つに、肌内部のコラーゲンが弾力を失ってしまうことがあげられます。そこで、レチノールやビタミンC誘導体など、肌内部のコラーゲンに働きかける成分を含むコスメを使用する必要があります。その上からシルクのスカーフを巻くと保温性がさらにアップするので、首のシワには効果的です。「眠るときにスカーフを巻いて眠るのは苦しい」という方は、綿あるいはシルク100%の薄手のタートルを着て「仰向けで」眠るという方法がおすすめです。筆者自身、この方法で長年の悩みであった首のシワがかなり目立たなくなりました!

いかがでしたか? 今回は首のシワを防いで美しく保つ方法をご紹介しました。シワの目立たない美しい首を手に入れたら、思い切ってデコルテの大きく開いた洋服を着てみましょう。自身の肌のレフ版効果で、いつもより肌がキレイに、そして若々しく見えるはずです。ぜひお試しください。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
※ 吉木伸子著「素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典」池田書店
※ 小林ひろ美著「お肌のお悩みオール解決!小林ひろ美のすべてがつまった美肌図鑑」ワニブックス

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

Related Article関連記事

最新の記事