LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

冬の疲れとくすみを残さない!スキンケア効果を高める顔ヨガ

市川愛子

市川愛子プロフィール画像

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

春先は気温の上昇とともに気分も明るくウキウキ! 春のオシャレ計画も楽しくなりますね。鮮やかなファッション、明るい色のアイカラー、流行のリップ。ファッション誌やショップウインドー、化粧品カウンターはすでに春から初夏の提案がされています。これらを楽しむのに必須なのが肌の透明感。冬の疲れやくすみを残したままでは、美しさが半減…。春のファッションやメイクと共に毎日のスキンケアも春仕様にシフトしませんか?

 20170301ichikawa1

■透明感アップのカギは代謝促進

冬から春にかけての肌は、冬のお手入れ不足、三寒四温、乾燥などの影響で新陳代謝が乱れ、肌表面のごわつき・くすみ・スキンケアの浸透が悪い・ファンデーションのつきが悪い・テカるのにカサつく…などといった悩みが多くあげられます。代謝促進に大切なのが血液、リンパの流れを良くすること、代謝不良によって厚くなった皮膚の表面をやさしく取り除くこと。セルフで行う角質ケアでは、力の入れ過ぎや、間違った方法で皮膚に負担をかけてしまう場合もあるので、エステでプロにお任せするのもおすすめです。今回はセルフケアで誰でも簡単に取り入れられる血行促進、透明感アップ、スキンケア効果を高める顔ヨガをご紹介します。

血行促進・リンパの流れを良くする「くちゃくちゃぱっ」

血液の流れが良くなり、皮膚の温度がアップするとスキンケアの浸透が高まります。イメージは焼きたてのトーストにバターを塗るとスゥーッと馴染むあの感じ。

 

1.鼻から息を吸って、思い切り口から「シュー」と息を吐き出すとともに顔のパーツをくちゃくちゃにして、中心に向かって集めます。

 20170301ichikawa1

2.息を吐ききったら「パッ」と目・口を大きくあけて解放。

20170301ichikawa2

 3.目を閉じてリラックス。顔全体がじんわりと温かく感じればOK!

 

お手入れの仕上げにリラックス効果の「ぬくぬくのポーズ」

1.両手のひらが熱くなるまでこすり合わせ、手のひらを温めます。

20170301ichikawa3

 2.温めた手のひらを顔から少し離してかざします。手のひらのぬくもりを感じます。

20170301ichikawa4

 3.手を移動させてフェイスラインも同じように。

20170301ichikawa5

 

鼻呼吸でゆっくりと呼吸し、スキンケアの香り楽しむとより一層リラクゼーション効果が高まります。 お肌を慈しむように、日々丁寧にスキンケアを行うことで肌もこたえてくれます。ぜひ顔ヨガポーズと合わせてお肌との対話も楽しんでくださいね。
(美容家/コスメコンシェルジュ/顔ヨガインストラクター 市川愛子)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170301ichikawa1

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事