LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

超カンタン!バスタイムにできるスベスベボディのキープ方法3つ

横溝なおこ

横溝なおこさま

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

雑誌で人気の美容ジャーナリストが、みなさんの質問に真剣に回答します!  今回は冬のボディの乾燥ケアについて、ズバリお答えします。

9b64f9ea16b48204e9337bd8bd87af46_s

[質問]

冬になると気になるボディの乾燥。でもお風呂上がりのケアは面倒で……。簡単に乾燥を防げる方法はありますか?

 

[回答]ボディの乾燥、実は「入浴中」のケアがカギ!

ボディの洗浄は手洗いで。アフターケアもお風呂の中でいっぺんに済ませちゃいましょう。冬場になると気になるボディの乾燥。保湿が大切なのは分かってはいるけど、お風呂上がりにボディクリームをぬったりするのが面倒……って人も多いですよね。そこで、簡単に乾燥を防げるワザを3つご紹介します。

1.カラダは「手」で洗うべし!

入浴中に水分でふやけた状態の皮膚をボディタオルで擦ることで必要以上に角質が剥離し、乾燥しやすい状態になってしまいます。ナイロンタオルでゴシゴシ洗うなんてもってのほか! また、ゴシゴシ洗いを続けていると、ターンオーバーが早まり、慢性的な乾燥の原因になってしまうことも。だから、ボディは手で洗うのが正解。摩擦刺激を抑え、乾燥の原因となる角質の剥離を防ぐことができます。その際、ボディソープはたっぷり泡立てるのがポイント。泡立てが苦手な人は、ポンプ式の泡で出てくるタイプを利用するのもおすすめ。

 

2.入浴剤を利用する

血行促進、代謝アップのためにも湯船にはきちんと浸かりましょう。ただ、実はあまり知られていませんが、あまり長い時間湯船に浸かっていると、皮膚にある潤い成分が流出し、乾燥の原因になることもあると言われています。保湿効果のある入浴剤を入れて、うるおいを保ちましょう。

 

3.お風呂上がりに即・ボディオイルを塗布

お風呂上がりにクリームやオイルを塗るのが面倒、という声をよく聞きます。ならば、湯船からあがった瞬間に、そのまま濡れたボディにオイルを塗布! スプレータイプのものを使えば、よりカンタンです。体に残った水分と一緒にオイルを馴染ませたら、あとはいつも通りにタオルで拭くだけ。

浴室のなかでケアすれば寒くないし、お肌は柔らかく、しっとりスベスベ。特に冬のボディケアには最適です。ぜひ試してみてくださいね。
(ビューティージャーナリスト、メイクセラピーアドバイザー 横溝なおこ[BWA])

【関連記事】
そのブツブツ・ザラザラ大丈夫?背中ニキビの解消法3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

9b64f9ea16b48204e9337bd8bd87af46_s

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事