LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

美腹エクサ継続の秘訣!疲れた日こそ行いたい美くびれエクサ

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

美腹をつくるには、エクササイズでムダ肉を落とし、筋肉でデザインすることが鉄則とは分かっていても、「続かない!飽きた!」という声もよく聞きます。そこで今回は、サボって罪悪感が溜まってフェードアウトしてしまわないように、前回ご紹介した1ヶ月チャレンジ美腹エクサと組み合わせて実践して欲しい簡単なエクサをご紹介します。

17505854_m

■くびれをつくる美腹エクササイズ

このエクササイズは、体幹力を鍛えて腰周りやお腹周りのムダ肉を引き締める効果が期待出来ます。違いは、両足を左右に移動させる動作で、腰肉を引き締め、くびれ作りが期待出来ます。また、太もも外側の筋肉も刺激されるので、どの部位が刺激されているのか観察しながら、じっくり動作してみて下さい。また、吐く息と共に疲れも吐き出すイメージで、心身ともにリフレッシュしてみて下さいね。

期待出来る効果

体幹の強化(背筋、腹筋の強化)、姿勢が美しくなる、くびれをつくる、太もも肉の引き締め、便秘解消、むくみ解消、冷え解消など。

実践回数&期間

いらないお肉をそぎ落とす美腹エクササイズと組み合わせでもOK。もしくは、疲れた日のみトライしてみて下さい。必ずボディラインに変化が現れます。

 やり方

1.床に座り両手のひらをお尻から15cmほど後ろにつけます。両肘を曲げ、大転子(お尻の横骨)→肩→耳まで一直線にし、体幹を安定させます。顎は軽くひき、首の後ろを伸ばし、かかとを床から離します。そのまま10呼吸ほどキープし、息を吐くたびにお腹を腰に引き寄せドローイング。

 20170222kazuyomori01

2.息を吸いながら、両つま先を床から離し、息を吐きながら揃えたつま先を右床にタッチし、5呼吸キープ。

 20170222kazuyomori02

3.反対側も同様に5呼吸キープ。左右10回づつ目安に動作を繰り返しましょう。動作中は、上半身の形が崩れないように意識して下さい。

 20170222kazuyomori

いかがですか? 動作のポイントは、なるべくつま先を大きく移動させること。両膝、両つま先をつけたまま。下半身の太もも内側も閉めた状態をキープしながら動作してみて下さい。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

17505854_m

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事