LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

卵だけじゃない!「電子レンジ」で温めると危険な食べもの

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

食べものを解凍するときや温め直すときに、電子レンジを使いますね。ボタンひとつで簡単に操作できるのでとても便利ですが、食品のなかには電子レンジで温めるのに相応しくないものがあります。卵などに使ってしまうと、破裂する恐れがあるのはよく知られているところです。卵以外にも、レンジにかけてはいけない食品がいくつかあります。今回は、料理研究家の筆者が、「電子レンジで温めると危険な食べもの」についてご紹介します。

56326900_m


■1:膜で覆われたものも破裂の恐れが

卵を電子レンジにかけると、破裂の恐れのあることはよく知られています。卵以外にも破裂の危険性があるものが、膜や殻で覆われた食材。たらこやソーセージ、栗や銀杏などです。こういった食材を電子レンジで温める際は、切れ目を入れたり、何か別の容器に入れるなどの工夫が必要です。


■2:液体は突沸現象が起こりやすい

突沸(とっぷつ)現象とは、突然激しい沸騰状態になること。油断していると高温の液体が飛び散り、火傷しかねません。温め終わったあと、見た目には変化はなくても、ちょっと衝撃を加えると起こることがあります。液体をレンジにかける際は、温めすぎないようにしましょう。


■3:水分の少ないものは発火につながる

食材に含まれている水分量が少ないと、レンジにかけたときに水分がすべて蒸発してしまい、焦げたり発火を引き起こしたりする場合があります。そうなると、美味しく食べるどころではありません。水分の少ないイモ類やカボチャなどは気をつけましょう。


■4:唐辛子の辛み成分が飛散

唐辛子も、加熱しすぎると発火して火花の散る恐れがあります。また、辛み成分を含んだ蒸気が広がって、目や喉などに悪影響を及ぼすこともあるので、注意しましょう。


■5:アルミ箔が発火の原因に

電子レンジで食品を温める際、ラップを使うことがよくありますが、アルミ箔で包んだものは発火の原因になります。また食器でも、金や銀の線が入っていたり、装飾されているものは、発火につながる恐れがあるので要注意です。


いかがでしたか? 電子レンジはたいへん便利な機器ですが、万能ではありません。なんでもかんでも温めることができるわけではなく、食品によっては危険を及ぼす可能性もあるということを忘れないようにしてくださいね。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

56326900_m

Related Article関連記事

最新の記事