LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

焼くだけじゃない!「マシュマロ」を美味しく食べる方法5つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

まもなくホワイトデーがやってきます。お返しの品を楽しみにしている方もいるかもしれません。クッキーやキャンディーなどが贈られる定番の品ですが、そのなかのひとつにマシュマロがあります。ふわふわっとした食感とほどよい甘さが多くの人に好まれます。もし、たくさんのマシュマロをもらうことがあっても困らないよう、今回は料理研究家である筆者が、「マシュマロを美味しく食べる方法」をご紹介します。

48433507 - hot chocolate with marshmallows in white cup


■1:焼けば、外はカリッとなかはトロッと

マシュマロを焼いて食べるのは、もう定番ですね。バーベキューなどでは、マシュマロを串に刺して焼いたりします。焼けば、外はカリッとなかはトロッとした食感に。ガスコンロでもできるので、自宅で簡単に楽しめます。


■2:凍らせてさらにモッチリ感を

マシュマロを冷凍庫に入れて凍らせてみてください。凍らせるといっても、マシュマロはガチガチに固まることはなく、モッチリ感がアップ。さらに弾力が加わって、お餅アイス風の食感が楽しめます。


■3:ヨーグルトに漬けるとムース状に

容器にマシュマロとヨーグルトを入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫に入れて一日置いてみてください。マシュマロがほどよくヨーグルトを吸収し、ふわっとしたムースのような状態になります。ジャムなどをのせると、美味しいスイーツになります。


■4:食パンにのせてトースターへ

食パンの上にマシュマロを並べて置き、トースターに入れて焼いてみましょう。マシュマロの表面にほんのり焦げがつき、見た目も可愛らしいマシュマロトーストができあがります。ただ、マシュマロのほうが火が通りやすいので、食パンを先に少し焼いてから作ったほうが上手に仕上がります。


■5:フライパンでキャラメルポップコーンに

フライパンにマシュマロを入れて火にかけて溶かし、ポップコーンを入れて混ぜ合わせると、キャラメルポップコーンに変身。テレビでも紹介された方法で、愛好者も増えています。ひと口食べれば、遊園地などに遊びに行った気分が味わえます。


いかがでしたか? これでもう、ホワイトデーに大量にマシュマロをもらっても大丈夫ですね。みんなでマシュマロを持ちより、マシュマロパーティーなどを開いても楽しいかもしれません。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
光がポイント!インスタの「食べもの写真」を上手に撮るコツ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

48433507 - hot chocolate with marshmallows in white cup

Related Article関連記事

最新の記事