LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

つらい鼻詰まりに!ツボを刺激しながら首を伸ばすヨガポーズ

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

花粉の季節が到来しましたね! 花粉症の方には辛い時期です。2月から飛散が始まるスギのみならず、ヒノキにイネ科など1年中様々な花粉は飛散しています。そして近年、黄砂やPM2.5などによる化学物質の飛散とも相まって、鼻炎に関する悩みは尽きません。鼻水、鼻詰まりで不快になりやすい時に効果のあるヨガのポーズはいくつかありますが、その中でも花粉症体質の筆者が効果を実感している一押しのヨガポーズを紹介します。

20170223chiba05

■ウサギのポーズ

 

1.つま先を立てた正座で座ります。

20170223chiba01

2.そこから額を前方床へ下ろし、手のひらは床をしっかり支えます。

 

20170223chiba02

3.ゆっくりとお尻を上げつつ頭を前方に転がし、頭頂が床に来るポイントへ。

頭頂部の「百会」(ひゃくえ)のツボを刺激しながら呼吸を行ってください。 首を痛めている方は無理をしないように注意してください。不安を感じたら中止してくださいね。

※この時、視線は一点に定めましょう! 横を向くと危険です。

20170223chiba03

4.ここまでで無理のない方はさらにポーズを深めます。両手を床から離して、腰の後ろで指を絡めて結びます。

20170223chiba04

5.胸を開き、両肩甲骨を真ん中に寄せつつ、結んだ手を天井に伸ばしましょう。

ゆっくりと4、5回呼吸。呼吸を深めるうちに、スッと鼻が通る効果も期待できます。(効果には個人差があります。)

20170223chiba05

6.呼吸が終わったら腕を下ろし、ゆっくりとかかとの上にお尻を置きます。

20170223chiba06

 7.クールダウン。

足の甲を床へ、腕を前方へ伸ばしてチャイルドポーズでおやすみしましょう。

20170223chiba07

 

■プラス、ヘッドローリングで頭皮を柔らかく。

 

さらに効果を高めたい方は、この百会のツボを中心にコロコロと頭を動かしてほぐすのがオススメです。髪の生え際、側頭部なども、眼精疲労や頭痛に効果的。顔色の改善も期待できます!

※手を床に着いた状態で行いましょう。

20170223chiba08

 首のコリに悩む方にもおすすめ。頭を前方に転がすと、首筋がとても良く伸びてスッキリしますよ!

 

姿勢改善、頭痛、肩コリ、肩胛骨のコリにも効果があり、不眠改善や自律神経安定など、実に嬉しい効果ばかり! 花粉症でなくともオススメのポーズです。是非お試しくださいね。
(千葉ゆか)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170223chiba05

Related Article関連記事

最新の記事