LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

「笑顔の癖」がシワを生む!?老け見えポイントと顔ヨガ2つ

千葉ゆか

image1-3

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ジェーンバーキンのような笑いジワには憧れるけれど、眉間や顎、ほうれい線のような可愛くないシワはなるべく刻みたくないもの。長年かけて積み重ねてきた表情グセで、気づかない内に老け顔を作ってしまっているとするなら…今すぐ改善すべき! そこで今回は「笑顔の癖」を例に、気をつけたいポイント2つとその対策をご紹介します。

20170211yuka01

 

■良い笑顔とNGな笑顔って?

こちらはNGな笑顔の例と、正しい筋肉の使い方で微笑んだ顔の比較写真。モデルは筆者です。表情筋の使い方で随分と印象が変わりますね。どこがどう悪いのか? NGポイントを見ていきましょう。

20170211yuka01

 

■<NGポイント1>目を開ける時に眉を上げてしまう癖がおでこのシワを刻む!

20170211yuka02

 

目を大きく開こうとするとき、額と眉毛の力を使うと…シワができますよね! 本当に使いたいのは目の周りの筋肉、「眼輪筋」。眼輪筋が衰えるとおでこを使って目を開閉してしまうようになり、シワが増え、更に瞼が落ちて目力がなくなるという負のループに。

◇おでこのシワ対策に!顔ヨガ「おでこロック&目ワイパー」

20170211yuka03

 

1)目を閉じた状態で、眉毛が上がらないように、おでこを手でロック!
2)目を前に押し出すようにしっかりと見開きます。(このとき眉が上がらないように押さえて)
3)そのまま視線だけを12時の方向→2時→12時→10時の方向。


これを2往復ほど行ってください。目の奥、眼球がジワジワとストレッチされている感覚があると◎。目力アップにも繋がりますよ!

 

■<NGポイント2>下の歯まで見える笑い方は口の横のシワ&デカ顔を作る!

20170211yuka04

 

微笑むときに唇に力が入り、真横に引くように笑うと…皺が入り、エラも張ってデカ顔に! 本当に使いたいのは頬っぺたの筋肉です。頬の力で口角をこめかみにキュッと引き上げれば、シワを刻まずに顎もホッソリのまま。頬が高くなり、愛され顔になります!

◇口の横のシワ&デカ顔撃退!顔ヨガ「おだんごロック」

20170211yuka05

1)頬を持ち上げ、上の歯だけ見えるようにニッコリ笑う。このとき顎の力は抜いておくのがポイント!
2)親指と人差し指で輪っかを作り、頬を丸くおだんごにして持ち上げる。筋肉の位置を形状記憶させましょう!


これを2、3回行います。頬の筋肉を使った疲労感(大笑いしたときのような)があるといいですね。

 

塵も積もれば…の精神で、気をつけるのと気をつけないのとでは全く違ってきます。是非試してみてくださいね。
(千葉ゆか)

【関連記事】
どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170211yuka01

Related Article関連記事

ピックアップ

表情が印象を左右する!?プロが教える印象アップの自己プロデュース術

年齢を重ねても美しく魅力的な女性であるために、メークやファッションに気を使っているという女性は多いですよね。実は、女性の魅力は、「静止画」で伝わる表面的な美しさに加えて、表情や仕草など「動き」も含めた …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle