LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

心も弾む!お弁当を美味しそうに見せる「彩り」のコツ4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

仕事のときでもお出かけのときでも、お昼に食べるお弁当はとても楽しみなもの。「今日はなんだろう?」とひそかに期待を寄せます。お弁当は味だけでなく見た目も大事です。蓋を開けたとき、パッと目に飛び込んでくる鮮やかな色彩に心も弾みます。地味なりに美味しいお弁当もいいですが、やっぱり見た目から楽しませたいですよね。そこで今回は、料理研究家の筆者が、「お弁当を美味しそうに見せる彩りのコツ」をご紹介します。

39638024 - homemade sushi roll bento


■1:赤は「本当の赤」を使う

お弁当を作る際、おかずに赤緑黄の色の食材を使うのは基本の第一です。こうすることで彩りもよくなり、華やかで美味しそうに見えます。そのなかでも、赤色が肝心。人参はオレンジ、紅ショウガはピンクです。ここはしっかりとした赤を使うようにしましょう。赤の食材といえば、パプリカや唐辛子などになりますね。


■2:「紫」を入れてより鮮やかに

赤緑黄のほかに、青や紫といった色を使うとバランスがよくなります。青のものはなかなかないので、ここは紫を入れましょう。赤キャベツのマリネなどを入れると、より鮮やかに見えます。ほかにナスなども使えますね。


■3:「黒」で引き締める

お弁当のなかに黒の食材が入っていると、見た目にグッと引き締まります。海苔やゴマといった定番の食材以外にも、プルーンの紅茶煮などを入れてもいいですね。おかずの隙間を埋められるし、お口直し的な一品にもなります。


■4:お弁当箱の仕切りは使わず「葉物」で

お弁当に赤緑黄を使うとはいっても、スペースがないのに無理やり詰め込む必要はありません。緑であれば、簡単に加える方法があります。料理の仕切りに葉物を使ってしまえばいいのです。オススメは大葉。見た目も可愛いし、防腐剤の役割りも果たします。レタスなどよりは湿っても形が崩れにくいので、見映えが悪くなりません。


いかがでしたか? お弁当は味はもちろんのこと、見た目も大事です。色とりどりの食材を使って、周りの人に羨ましがられるような、とびきりのお弁当を作ってください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

39638024 - homemade sushi roll bento

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事