LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

セルライトやたるみはイヤ!むくまない食生活ポイント3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

便秘とならんでお悩みの方が多い“むくみ”。とくに寒い季節、身体は手足などの末梢部の血管を縮めて熱を逃さないようにするため、冷えだけでなく“むくみ”を引き起こす一因にもなります。このむくみを放置しておくと、セルライトやたるみの原因となることをご存じでしたか? これ以上セルライトを増やしたくない方、たるみが気になり始めた方は、むくみを改善することで予防できるかも知れません。

20170208iwata00


■むくみとセルライト・たるみの関係とは?

むくみは、本来静脈やリンパ管に戻って排出されるべき老廃物を含んだ細胞間液が、滞っている状態です。この状態が長く続くと、老廃物と脂肪細胞が結びつき、セルライトを形成してしまうのだそうです。また、むくみによってコラーゲンなどのお肌のハリを保つ土台がのばされることで、たるみやシワを引き起こす原因にもなるそうです。ですので、むくみはできるだけ早く解消しましょう!


■むくみ改善のための食生活ポイント

(1)水分をしっかり摂る

「むくみやすいから」と、水分を減らすのはNG。水分が足りないと、身体は老廃物を含んだ水分をも身体に溜めこんでしまいます。こまめに水を飲む習慣をつけましょう。お茶やコーヒーは利尿作用があるため、必ず「水」や「白湯」で水分を補給しましょう。


(2)身体を内側から温める食べものを食べる

身体が冷えていると、熱を逃さないために、末梢部の血流が悪くなります。温かい食べものや飲みものを摂って、身体を内側から温める習慣をつけましょう。


(3)血管を丈夫にする食べものを食べる

毛細血管は、年齢と共に弱くなるといわれています。シナモンには毛細血管を丈夫にする働きが、カカオポリフェノールや柑橘系フルーツに含まれるヘスペリジンには、血管を広げて血液の流れをサポートする働きがあります。血管を丈夫にする食べものも、毎日の食生活にプラスしたいですね。


このほか、塩分やアルコールの摂り過ぎも、むくみを引き起こす原因となります。むくみの原因を減らし、むくみの解消をサポートする食生活を心がけたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

【参考】
足のむくみ – 横浜血管クリニック
成分情報 シナモン – わかさ生活
成分情報 ヘスペリジン – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170208iwata00

Related Article関連記事

最新の記事