LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

スヌード、マフラー、ストール…今年マストな巻き物の選び方

森田文菜

160224-416

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

本格的な寒さを感じる2月、厚手のコートだけではしのげないこともあります。そんな時にあると便利なのが、巻き物。首周りを温めるだけで、身体に感じる寒さが和らぎます。しかしこの巻き物たちにもトレンドがあり、毎年流行も変化しています。今年はどんなものがトレンドなのでしょうか? 30代・40代の大人の女性でも取り入れられるものをご紹介します。

48119310_l


■今年らしさ抜群のファーマフラー

スクリーンショット 2017-02-06 21.03.08

今年冬トレンドナンバーワンの素材といえばファー。巻き物も例外ではなく、ファー素材のものが流行しています。ファーの巻き物といえば、小ぶりで細いものが主流でしたが、今年はボリュームのある大ぶりのものがトレンドとなっています。グレーや濃いめのベージュなど、ダークすぎないニュアンスカラーのものを選べば重たくならず、また派手にならずに取り入れられます。


■引き続きトレンドのスヌード

20170208morita04

何年か前にトレンドとなり、その後巻物の定番に仲間入りしたスヌード。巻き方を考える手間も省け、スポッとかぶるだけで様になるうれしいアイテムです。今年はファーと同じくボリュームがあり、顔が埋まるような存在感のあるものが旬。ファーはもちろん、ニットやフリース、ボアなど、分量が多く見える素材のものをチョイスしてみてください。


■表情の変化が楽しめる配色カラー

スクリーンショット 2017-02-06 21.49.59

表と裏が異なるカラーで組み合わされている配色カラーのストールやマフラーもトレンド。巻き方次第でさまざまな表情を楽しめる上、ざっくり無造作に巻いてもおしゃれにきまります。ホワイトだけでは抵抗がありますが、グレーをミックスさせることで落ち着いた印象になるなど、冒険できるカラーも選べます。色のコンビだけではなく、無地と柄のコンビもオススメです。


いかがでしたか? 今年の巻き物に共通するポイントは、コーディネートのアクセントになるもの。少しボリュームがありすぎるくらいの方が、ちょうどいい今っぽさを演出できます。まだまだ活躍させることができる旬の巻き物、ぜひチェックしてみてくださいね。
(スタイリスト/ライター 森田文菜)

【関連記事】
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術

【参考】
ONWARD
ベルメゾンデイズ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

48119310_l

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事