LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

サクサクジューシー!絶品「カキフライ」を作るポイント5つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

生でも焼いても、鍋に入れても美味しいのが牡蠣ですが、なかでもフライが一番好きという人は多いようです。サクッとした衣のなかのプリッとした身はたまりません。噛めばとってもジューシーで、思わず顔もほころびます。でも、油っぽかったり苦みが強かったりと、いまいちなものがあるのも事実です。そこで今回は、料理研究家である筆者が、「絶品カキフライを作るポイント」をご紹介します。

38319812 - fried oyster


■1:海水と同じ濃度の塩水で洗う

牡蠣を真水で洗うと、浸透圧の関係で旨み成分が流れ出てしまいます。さらに、水分を吸収して食感も悪くなります。牡蠣を洗う場合は、海水と同じ濃度の塩水を使うこと。ぬめりも落ちやすくなるので、しっかり洗いましょう。


■2:衣を丁寧につける

洗ったあとは、身についた水分をしっかりと取ってください。そうすることで衣もつきやすくなり、揚げたときにジューシーさが保たれます。小麦粉、卵、パン粉の順に、牡蠣をつぶさないようやわらかい手つきでまぶします。


■3:バッター液を使う方法も

揚げものをする際に、バッター液を使う方法もあります。バッター液とは、小麦粉と卵と少量の水を混ぜたもの。これを使うことで時間短縮になります。牡蠣は水分が多いので、バッター液に使う水を少なくして粘りを強めにしたほうが、パン粉がつきやすいでしょう。


■4:180度の高温で揚げる

180度の高温で、衣がキツネ色になるまで揚げてください。時間の目安としては、60~90秒程度。一度に多く投入すると油の温度が下がってしまうので、少量ずつ揚げるようにしましょう。


■5:油をよく切って自家製のタルタルソースで

揚げ終わったら、網の上にのせて油をよく切ってから皿に移しましょう。揚げたてを食べられるよう、タルタルソースは事前に作っておいてください。タルタルソースの作り方は簡単。ゆで卵をつぶして、みじん切りにした玉ねぎやピクルス、マヨネーズを混ぜてできあがりです。


いかがでしたか? カキフライでも、しっかり火を通さないとあたる可能性があります。かといって、揚げすぎると美味しさも半減。回数を重ねてコツをつかんで、サクサクジューシーな絶品カキフライを作ってください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
食のプロも実践!料理がぐっと美味しくなる“油の使い分け”

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

38319812 - fried oyster

Related Article関連記事

ピックアップ

“老け見え髪”の悩みに◎!若見えサラツヤ髪が叶う上手な「ヘアドライ」とは?

梅雨の時期や夏の暑い時期は「湿気によるうねり」や「ぺちゃんこ髪」などに悩まれている方も多いでしょう。せっかくスタイリングをしても、不規則にうねった髪は疲れ顔、ボリュームのない頭頂部はプラス10歳の老け …

最新の記事