LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

作りすぎた!「カレー」を保存するのに注意すべきポイント

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

カレーを作る際、一食分ということはなく、だいたい多めに作ってあとでも食べられるよう保存しておきます。むしろ一日置いたカレーのほうが、具材に味がしみ込んでいて美味しいという意見も多いですね。保存の仕方についてですが、夏はさすがに厳しくても、冬であればそのまま放置しておいてもよさそうな気がします。今回は、料理研究家である筆者が、「カレーを保存するのに注意すべきポイント」についてご紹介します。

20170213ogawa002


■1:保存期間の目安

カレーはそのまま放置しておくと細菌類が繁殖し、食中毒などの原因になります。季節によって多少の誤差はあるものの、常温での保存期限は1日ぐらいです。冷蔵庫に入れておくと、だいたい2~3日。冷凍だと1ヶ月ほど保存できます。


■2:ルーを薄く広げて冷凍保存が理想

鍋のまま冷蔵庫に入れて保存する方もいますが、この方法だと外側だけが冷えて、しばらく内側に熱が残ります。ですから、鍋から出して冷凍保存するのが理想的です。一食分ずつに分けて、ジッパー付きの密閉袋に入れて薄く広げて冷凍庫へ。これなら食べる際に解凍もしやすいです。


■3:ジャガイモはつぶすか取り除く

ジャガイモは劣化が早く、時間が経つとかなり味が落ちます。冷凍して解凍すると食感がパサついて、まるで美味しくありません。ジャガイモは取り除くか、すりつぶして混ぜたほうがいいでしょう。ほかにも、ニンジンなどの大きな具の場合も、同様の処理をしたほうが美味しさが保てます。


■4:防腐作用のあるスパイスを多めに

カレーを日持ちさせるために、防腐作用のあるスパイスをたくさん入れるのも方法のひとつです。ガラムマサラや生姜、ニンニクといったスパイスが効果あり。汗を出してカラダを温め、新陳代謝を高める効果などもあるので、お好きな方はたっぷり入れてもいいですね。


いかがでしたか? カレー好きな方は多く、「毎食でも飽きない」という方もいます。短期間で食べ切れたらいいのですが、時間がかかるようなら冷凍保存がお勧めです。できるだけ美味しいカレーを味わってください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170213ogawa002

Related Article関連記事

ピックアップ

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle