LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

美脚を妨げるNG習慣をチェック!簡単「脚トレ」で美脚に

長坂靖子

Img0973

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

メリハリボディーを作りたい時は、全身の筋肉をやみくもに鍛えるのではなく、鍛える順番を考えて行うと効果があらわれやすいものです。まずは、体の7割の筋肉を有する下半身からスタートしましょう。なかでも、体の一番下に位置し、地面と接して体を支える「脚」から鍛えることで、その上に位置するヒップ・上半身のトレーニングの効果がバランスよくあらわれ、メリハリのあるボディーに近づけます。今回は、日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、美脚に近づくためのエクササイズをご紹介します。

20170206nagasaka001


■美しい脚とは?

脚には、大小合わせると50以上の筋肉があります。それらが均等に発達していると、メリハリのある美しい脚になります。理想的な脚のラインは、両かかとをくっつけ、つま先を軽く開いて自然な姿勢で立ったときに、太もも・膝・ふくらはぎ・内くるぶしの4点がくっつく脚です。さらに、つややかな肌であればパーフェクトです!


■美脚を妨げる5つのNG動作・習慣

日常の何気ない動作・習慣が美脚を妨げることもあります。下記に挙げたNG5項目を、毎日の暮らしの中でやっていないかどうか、チェックしてみましょう。

1.歩くとき、大きな足音をさせて歩く

2.内またで歩く

3.ぺったんこな靴を好んで履く

4.夕方になると脚がむくむ

5.靴の外側ばかりが減る


■足首・ふくらはぎ・太もも・内ももを使うエクササイズ

O脚だったり、脚のラインにメリハリがなかったり、むくんでいたり……。脚の悩みの多くは、筋肉が均等に使われていないことが原因です。上記の5項目は、どれも脚の筋肉の使い方が偏っているために起こるものです。脚全体の筋肉をまんべんなく鍛え、理想のラインを手に入れましょう。


◇初級編

1.両足を揃えて立ちます。

スクリーンショット 2017-02-07 15.28.58

2.つま先立ちになり、10秒キープ。ゆっくり踵を床に近付けます。踵にが床につかないようにもう一度アップ。特に足首とふくらはぎの筋肉を使いますので、引き締まった足首を作るのに効果的です。

スクリーンショット 2017-02-07 15.30.34

3.1・2を30回行います。


◇上級編

さらにできる人は、このエクササイズをプラスして強度アップ! 脚の内側を引き締める効果のあるエクササイズです。

1.右足を前に。左足の土踏まずあたりに置きます。背筋を伸ばして脚を曲げます。

スクリーンショット 2017-02-07 15.33.30

2.背筋を伸ばしつま先立ちになり10秒キープ。

スクリーンショット 2017-02-07 15.34.34

3.コレを10回行います。反対側の脚をクロスしてもう一度! 脚の内側の筋肉が使われ、美脚に導くエクササイズです。


簡単な動きですが、正しく行えば必ず脚のラインが整います。鍛えている筋肉を意識して動かしてくださいね。
(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子)

【関連記事】
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170206nagasaka001

Related Article関連記事

ピックアップ

化粧のりの良い肌に。エイジング世代の頼れる“相棒”とは?

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、元海外コレクションモデル、現メイクアップア …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle