LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

正しく知っていますか?ダイエットに役立つもち麦の食べ方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ヤセ菌を育て、痩せ体質になるとテレビや雑誌でも話題の「もち麦」。みなさん、食べたことがありますか? 大麦と何が違うのか? もち麦を食べるとどうして痩せ体質になるの? たくさん食べても大丈夫? などなど、もち麦について、まとめてご紹介します。

20170201iwata00


■知っているようで知らない!?もち麦まとめ

・大麦ともち麦の違いは何?

お米に“うるち米”と“もち米”があるように、大麦にも“うるち種”と“もち種”があります。今話題になっている「もち麦」は、もち種の大麦です。うるち種の大麦に比べ、水溶性食物繊維の仲間であるβ-グルカンの含有量が多く、モチモチとした食感が特徴です。


・食べるだけで痩せ体質になる?

もち麦に含まれるβ-グルカンは、糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きがあります。さらに、腸内細菌によって発酵・分解される際に短鎖脂肪酸を産生します。この短鎖脂肪酸には、脂肪の蓄積を防いだり、食欲に関わるホルモンをコントロールしたり、感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながすといった働きがあり、総合的な肥満の予防効果が期待されています。ですが、もち麦は、すべてがβ-グルカンでできているわけではありません。「身体にいいものだから」と今までの食生活にもち麦をプラスして食べると、カロリーの摂りすぎになります。白米ともち麦を置き換えることで、約20倍の食物繊維が摂れるのですから、白米やパン、パスタなどの主食ともち麦を置き換えて食べましょう。


・どのタイミングで食べるのが効果的?

β-グルカンには、次に食べる食事に含まれる糖や脂肪の吸収を穏やかにする働き「セカンドミール効果」があるといわれています。また、満腹感を持続させる働きがありますから、ダイエットのために食べるのであれば、朝食もしくは昼食に食べるのがいいでしょう。


・ダイエットに効果的な食べ合わせは?

β-グルカンを発酵分解して短鎖脂肪酸を作り出すのは、善玉菌やヤセ菌と呼ばれるグループの日和見菌です。ですから、腸内環境をいい状態に保つことがポイントです。ヨーグルトや納豆などの発酵食品と一緒に食べれば、β-グルカンが善玉菌とともに働き、短鎖脂肪酸の産生されやすい腸内フローラのサポートになります。


美容と健康に役立つ「もち麦」ですが、やみくもに食べてもその効果は実感できません。効果的な食べ方で、美味しく食べてキレイに役立てたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【関連記事】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

【参考】

大麦の健康情報 – 大麦食品推進協議会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170201iwata00

Related Article関連記事

ピックアップ

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle