LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

炊飯器より上!? 「土鍋」でごはんを美味しく炊くコツ4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

最近では、生活が豊かになるような便利な家電が多く出回っています。炊飯器もそのひとつです。お米本来の味を十分に引き出し、ふっくら美味しく仕上げてくれます。なかには、十万円を超えるような高級品もありますね。でも、そんなものを使わなくても、シンプルな方法で美味しいごはんを炊くこともできます。今回は、料理研究家の筆者が、「土鍋でごはんを美味しく作るコツ」をご紹介します。

45868875 - japanese rice


■1:米の浸水、夏は30分、冬は1時間

最近の炊飯器は浸水が不要なものもありますが、土鍋で炊く場合は絶対に必要です。目安として、夏は30分、冬は1時間。この工程を無視すると、熱が芯まで届きにくくなり、歯触りの悪い炊き上がりとなります。


■2:目安は、15分火にかけて15分ムラす

最初は強火から中火にかけ、沸騰してきたら弱火に変えます。15分ほどグツグツと火にかけ、水分がなくなってきたら火を止めて15分ムラすようにします。火にかけている時点であれば、まだ蓋を開けて状態を確認しても構いません。


■3:ムラしている最中は蓋を開けない

ムラしている最中に蓋を開けるのは厳禁です。蓋を開けると釜のなかの温度が急に下がり、水蒸気が残ってべチャッとした炊き上がりになります。昔の言葉で、「赤子泣いても蓋とるな」というのもあるぐらいなので、絶対に守らないといけませんね。


■4:ムラしたら時間をおかないでよく混ぜる

蓋をしたまま長時間放置すると、「釜返り」といって、蒸気が落ちてごはんが水っぽくなる原因になります。ムラす時間はほどほどにしましょう。炊き上がったら蓋を開け、しゃもじで混ぜて水分を逃がすと、ツヤとハリのある美味しいごはんになります。


いかがでしたか? 土鍋でごはんを炊いて、高級炊飯器に負けない味に仕上げることもできます。無理して高いものを買わなくてもよし。高級炊飯器を持っている方も、ぜひ試して比べてみてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
目指せ料理上手!知っておきたい「塩」の意外な使い方4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

45868875 - japanese rice

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事