LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

小料理屋の味に!「出汁巻き玉子」を上手に作るコツ4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

出汁巻き玉子は、居酒屋やちょっとした小料理屋など、いろいろな場所で見かけるメニューです。フワッとした口当たりに、あふれる卵と出汁の味。とろけるような舌触りが魅力です。食べればどれも美味しいですが、好みの味や食感があり、こだわると奥が深いのも特徴です。自分で作るものがナンバーワンだと思えたらいいですよね。今回は、料理研究家である筆者が、「出汁巻き卵を上手に作るコツ」をご紹介します。

46677111 - it's egg rolls


■1:出汁は卵液の2~3割にしておく

出汁は仕上がりを美味しくするために重要なものですが、あまり入れすぎると焼くのが難しくなり、形も崩れやすくなります。出汁の量は、卵液の2~3割程度にしておくのが理想です。


■2:卵は溶きすぎず白身のコシを残す

卵液を混ぜすぎると白身がコシを失い、キレイに仕上がりません。ふわっとした食感を出したいのであれば、混ぜすぎないこと。逆に薄焼き卵を作る場合は、白身にコシがないほうがいいのでよく溶きましょう。


■3:半熟のうちに巻いていく

フライパンに油をひいて中火で熱し、溶いた卵を面に広がるぐらいまで入れます。周囲が固まり始めたら、奥から手前へと巻いていきます。卵が半熟の状態であれば、形も整えやすいです。巻き終えたら奥に押しやり、空いたスペースに残った卵液を流し込んで、同じことを繰り返していきます。


■4:巻きすを使って形を整える

巻き終えたら、最後は巻きすで形を整えます。巻きすで巻いたら、しばらくそのままの状態で置いておきましょう。粗熱が取れるころには、キレイな形に仕上がっています。巻きすがなければ、ラップで包んでも構いません。


いかがでしたか? 出汁巻き玉子はシンプルながら奥が深いので、最初は失敗して当然。何度も挑戦して上手に作れるようになるものです。さらにそこから、青ネギを刻んで入れたり、明太子を入れるなどして、アレンジを加えていけたらいいですね。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
目指せ料理上手!知っておきたい「塩」の意外な使い方4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

46677111 - it's egg rolls

Related Article関連記事

ピックアップ

重ね過ぎスキンケアを見直し!美容家実践の「土台整えスキンケア術」

乾燥やエイジングなど肌悩みが増えるLAR世代。“今よりキレイな肌を手に入れたい”“頑張った自分へのご褒美にスペシャルなスキンケアを楽しみたい”それはとても素敵なこと。 スキンケアアイテムをたくさん手に …

やりがち!?冬の“乾燥砂漠肌”に陥るNG習慣と皮膚科医に聞く「話題の有効成分」

化粧水の効果を感じづらい、乾燥で肌がヒリヒリする……冬は、そんな乾燥肌悩みが増える季節。実は、何気なくしている習慣が“乾燥砂漠肌”を引き起こしていることもあるのです。 皮膚科医の森智恵子先生に、“乾燥 …

たるみ頬にNO!プロが教える、若見え“上向きフェイス”を叶える美肌習慣

年齢を重ねるにつれ、今までのスキンケアでは満足できずに、悩み別のケアアイテムをそろえたものの効果がよく分からない……という女性も多いのでは。 老け見えのもととなる、たるみやくすみは、普段の習慣や肌環境 …

  • ツヤ肌
  • ハリ肌

最新の記事