LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

小料理屋の味に!「出汁巻き玉子」を上手に作るコツ4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

出汁巻き玉子は、居酒屋やちょっとした小料理屋など、いろいろな場所で見かけるメニューです。フワッとした口当たりに、あふれる卵と出汁の味。とろけるような舌触りが魅力です。食べればどれも美味しいですが、好みの味や食感があり、こだわると奥が深いのも特徴です。自分で作るものがナンバーワンだと思えたらいいですよね。今回は、料理研究家である筆者が、「出汁巻き卵を上手に作るコツ」をご紹介します。

46677111 - it's egg rolls


■1:出汁は卵液の2~3割にしておく

出汁は仕上がりを美味しくするために重要なものですが、あまり入れすぎると焼くのが難しくなり、形も崩れやすくなります。出汁の量は、卵液の2~3割程度にしておくのが理想です。


■2:卵は溶きすぎず白身のコシを残す

卵液を混ぜすぎると白身がコシを失い、キレイに仕上がりません。ふわっとした食感を出したいのであれば、混ぜすぎないこと。逆に薄焼き卵を作る場合は、白身にコシがないほうがいいのでよく溶きましょう。


■3:半熟のうちに巻いていく

フライパンに油をひいて中火で熱し、溶いた卵を面に広がるぐらいまで入れます。周囲が固まり始めたら、奥から手前へと巻いていきます。卵が半熟の状態であれば、形も整えやすいです。巻き終えたら奥に押しやり、空いたスペースに残った卵液を流し込んで、同じことを繰り返していきます。


■4:巻きすを使って形を整える

巻き終えたら、最後は巻きすで形を整えます。巻きすで巻いたら、しばらくそのままの状態で置いておきましょう。粗熱が取れるころには、キレイな形に仕上がっています。巻きすがなければ、ラップで包んでも構いません。


いかがでしたか? 出汁巻き玉子はシンプルながら奥が深いので、最初は失敗して当然。何度も挑戦して上手に作れるようになるものです。さらにそこから、青ネギを刻んで入れたり、明太子を入れるなどして、アレンジを加えていけたらいいですね。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
目指せ料理上手!知っておきたい「塩」の意外な使い方4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

46677111 - it's egg rolls

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら