LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

上質睡眠が美人をつくる!良い睡眠のための3つのメソッド

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

体はとても疲れているのに、なかなか眠りに入れなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまうことってありますよね。美と健康の基本は、朝までぐっすり熟睡すること。質の高い睡眠のために、今日からはじめたい3つのメソッドをご紹介します。

20170125yuko00

■自然な睡眠に導いてくれる「グリシン」で、すんなりと夢の中へ!

「グリシン」という成分があります。これは血管を広げることで、血液の流れを増やす作用があり、摂取することで体の深い部分の熱が手足に運ばれて、体の中心部分の体温が下がります。これが、穏やかに睡眠に入るための重要ポイントです。「グリシン」が豊富な鶏軟骨を使って、美味しいチキンスープを作ってみませんか? たっぷり作って製氷機で冷凍しストックしておけば、いつでも使えて便利です。冷凍したスープは、1カ月は保存が可能です。

鶏軟骨スープのレシピ

材料

鶏軟骨  400g
長ネギ  3本
生姜   ひとかけ
にんにく ひとかけ
セロリ  1本
水    2リットル
塩    大さじ1
ブラックペッパー 適宜

作り方

1 長ネギ、セロリはざく切りに、生姜、にんにくはスライスしておきます。

2 鍋に水を注ぎ、鶏軟骨、長ネギ、生姜、にんにく、セロリを加えて火にかけます。

  沸騰したらアクをとりながら、30分ほど煮込みます。

3  最後に塩、ブラックペッパーで味を調え、ザルなどで漉して完成。

 

■「死者のポーズ」で心と体を解き放って!寝るだけの簡単ヨガポーズ

眠る前に、あれこれと雑念にとらわれて、体が縮こまってしまうときには、ヨガの「シャバ・アーサナ」(死者のポーズ)を行ないましょう。大変リラックス効果が高いこのポーズ、ぜひ眠る前の習慣にしてみてください。

やり方

1 まず仰向けになり、両脚を肩幅ほどに開きます。ひじ、膝を伸ばして、腕は体から少し離して、手のひらを上向きにします。

2 続いて仙骨(お尻の真ん中あたりにある骨)が床と平行になるように腰を伸ばします。同時に背骨も頭頂へ向かって伸ばします。

3 ゆったりとした呼吸で全身の力を抜きます。呼吸に意識を向けながら、自然にリラックスしてくるのを待ちましょう。

5~10分ほど行なってください。そのまま眠ってしまっても結構です。

 

■清潔なリネンで良い眠りを。除菌効果もあるエッセンシャル・オイルレシピ

快適な肌触りのためにも、シーツや枕カバーは週に1度は洗濯しましょう。干す際に、除菌効果とリラックス効果のあるラベンダーのエッセンシャル・オイルをスプレーするのがおすすめです。スプレーボトルに無水エタノールを5mL、精製水を45mL、ラベンダーのエッセンシャル・オイルを15滴入れてよく混ぜ、洗濯物にまんべんなくスプレーすればOKです。

 

羊を数える夜は、精神的にもつらいもの。こんな快眠習慣で、安らかな睡眠を得ると同時に、心と体を健やかに磨いていきましょう!
(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

【参考】
グリシン|成分情報
ラベンダー|成分情報

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170125yuko00

Related Article関連記事

最新の記事