LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

コゲやすい!「カリカリベーコン」をキレイに仕上げるコツ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ホテルの朝食などでよく出てくる、カリカリベーコン。味や食感がよくて、家でも作ってみようと思ったりします。でも、これがなかなか難しい。焦げてしまったり、形が崩れたりと、上手くできません。納得いかないまま、食べている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、料理研究家である筆者が、「カリカリベーコンをキレイに仕上げるコツ」をご紹介します。

49635467 - close up to fried domestic bacon,selective focus


■1:油をひかずにフライパンでじっくり焼く

ベーコンを焼く際、フライパンに油をひくと縮む原因になります。中火でじっくり、裏返したりしながら焼いてください。肉から多く油が出てくる場合は、クッキングペーパーなどで拭き取りながらおこなってください。


■2:砂糖を振って焼き色をつける

フライパンにベーコンを入れて火にかけ、ひとつまみ程度の砂糖をふりかけます。しばらく焼くと、砂糖のついた部分がカラメル化してキレイな焼き色がつきます。やや甘みと香ばしさが加わり、コクのある味になります。


■3:真空パックでないものを選ぶ

真空パック入りのベーコンは、やわらかさを保つように添加物が入っていたりします。すると、いくら焼いてもカリカリにはなりにくい。カリカリベーコンに向いているのは、ストリーキーベーコンと呼ばれる脂身の多いタイプのベーコンです。しかし、日本では出回っている数が少ないので、種類豊富なお肉屋さんで探す必要があります。


■4:専用のベーコンプレスを使う

ベーコンプレスは、ベーコンを平たくキレイにカリカリに焼きたいときに役立つアイテムです。アメリカなどの家庭では一般的な料理器具でもあります。ベーコン以外にも、ホットサンドやチヂミなどを作るのにも使えます。インターネットでも購入可能なので、お試しになってみては。


いかがでしたか? 美味しいカリカリベーコンを作ることができれば、毎日の朝食がきっと楽しくなるはずです。パンにはさんだり、細かくしてサラダに入れたりと、アレンジもいろいろできるので、お料理のバリエーションを増やすのにも役立ちますね。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
食のプロも実践!料理がぐっと美味しくなる“油の使い分け”

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

49635467 - close up to fried domestic bacon,selective focus

Related Article関連記事

ピックアップ

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle