LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

なんでこんな時に!切れ味の悪い「包丁」を復活させる方法

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

切れ味の悪い包丁でも、切れなくもないので、そのまま放置しがちです。でも、いざ大事な場面でまったく役に立たないことがあります。そうなって普段手入れしていないことを後悔しても、もう遅い。とりあえず、切れるようにケアする必要があります。今回は、料理研究家である筆者が、「切れ味の悪い包丁を復活させる方法」をご紹介します。

27808098_l


■1:「アルミ箔」を切って刃を整える

ハサミの切れ味を戻すのに、アルミ箔を切る方法があるのをご存知の方もいると思います。これは『構成刃先』といって、切ったときに出る小さなアルミの屑が刃先に付着して、一時的に切れ味が回復するという現象です。この方法を、包丁にも用いることができます。


■2:陶器の裏の「糸底」という部分でこする

陶器の裏にある底の部分を『糸底』、もしくは『高台』といいます。その部分で刃先を磨く方法もあります。刃を横に倒して糸底に軽くあてて、刃先の部分をこするように引きます。これを表裏10回程度おこなうと、切れ味が復活します。


■3:クレンザーを付けて「コルク」で磨く

包丁の錆をとるのに、クレンザーをつけて磨く方法があります。この方法でも、切れ味は多少回復します。粉末クレンザーを刃先につけ、ワインのコルク栓を使って磨きます。コルクは固すぎず柔らかすぎず、刃に傷もつけないので、磨くのにはピッタリのアイテムなんです。


■4:目の細かい「サンドペーパー」でこする

耐水サンドペーパーでこする方法も有効です。サンドペーパーは、文具店やホームセンターで売っています。注意して欲しいのは、あまり洗い目のものを使わないこと。刃を傷をつける原因になります。紙の裏に書いてある番号が大きいほど目が細かくなるので、800番以上のものを使うようにしましょう。


いかがでしたか? これで切れ味は戻りますが、一時しのぎでまたすぐに切れなくなってしまうでしょう。完全復活させるには、しっかり砥石を使って磨く必要があります。普段からのお手入れも怠らないようにしましょう。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
目指せ料理上手!知っておきたい「塩」の意外な使い方4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

27808098_l

Related Article関連記事

ピックアップ

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle