LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

揚げたてが◎!唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

唐揚げは、お弁当に入れてもいいしパーティメニューにもなり、お酒のおつまみにもなる、子どもから大人までの幅広い世代に愛される食べものです。時間が経っても美味しいですが、やっぱり揚げたてを食べるのが醍醐味。揚げたての味と食感はたまりません。そこで今回は、料理研究家の筆者が、「唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ」をご紹介します。

10622429 - karaage,japanese fried chicken


■1:漬け込み時間は短めに

唐揚げを作る際、鶏肉に下味をつけますが、長時間タレに漬け込むとかえって味が落ちてしまいます。浸透圧の関係で、水分や旨みが流れ出てしまうからです。ですから、漬け込み時間は短めに。漬け込んだあとに水分を戻す場合もあります。


■2:片栗粉で仕上がりがサクッと

唐揚げを作る際に、衣には小麦粉や片栗粉を使います。片栗粉はじゃがいものでんぷんで、小麦粉は小麦からできています。小麦粉はグルテンが含まれているため、水を加えて熱すると粘りが出ます。そのため、衣にして油で揚げると、カリッとした仕上がりに。片栗粉はサクサクの仕上がりになります。


■3:基本は180度で揚げる

揚げる油の温度は180度が基本となります。あまり低いと、肉が油を吸って味が落ちる可能性があります。180度の目安は、菜箸を入れて細かい気泡が出るくらいです。


■4:網で油を切ってからクッキングペーパーに

油で揚げたあとすぐにクッキングペーパーにのせると、仕上がりがベタッとします。まずは網の上にのせて、しっかり油を切ってからのせるようにしてください。


■5:二度揚げの際は短時間で

二度上げすることで、さらにカリッとした仕上がりになります。その場合は、1~2分揚げてから取り出し、しばらく網の上にのせて休ませます。すると余熱で中に火が通ります。そのあとにまた油で短時間揚げると、外側がカリッとして香ばしさが加わります。


いかがでしたか? 唐揚げは、お店や家庭によって見た目も味も違います。自分好みに作れたとしても、ちょっと分量や揚げる時間が違うと、同じものができなかったりします。ですから作る際に、細かくメモを取っておくといいでしょう。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
食のプロも実践!料理がぐっと美味しくなる“油の使い分け”

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

10622429 - karaage,japanese fried chicken

Related Article関連記事

ピックアップ

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle