LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

あぶるだけじゃない!湿気た「海苔」を再利用する方法4つ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

海苔を食べようとしてつい容器を開けっぱなしにすると、空気中の水分を吸収して湿気ってしまいます。しっかり保存しておけば長く品質は保たれますが、湿気ると味はかなり落ちます。しなしなの海苔では食べる気も失せてしまいますよね。かといって捨ててしまうのはもったいない。今回は、料理研究家の筆者が、「湿気た海苔の再利用術」をご紹介します。

20170119ogawa002


■1:醤油とみりんで煮て「佃煮」に

湿気た海苔をもとに戻そうとせず、そのまま水に浸して味付けをして佃煮にしましょう。鍋に水を入れて海苔をちぎって浸し、火にかけて醬油とみりんを加え、煮詰めてください。ダシなどがあれば加えてもいいですね。


■2:みそ汁に入れて「あおさ汁」風に

湿気た海苔をみそ汁の具材にしましょう。海苔の旨み成分が溶け出して、美味しいおみそ汁になります。ほかに具材が入っていても、入っていなくててもOK。海苔のみであれば、お寿司屋さんでお馴染みのあおさ汁風になります。


■3:フライパンで焼いて「韓国海苔」風に

あぶるだけではなく、ひと手間加えて韓国海苔にしてみましょう。海苔の表面にごま油を塗って塩を振り、熱したフライパンにのせてください。30秒ほどあぶれば、パリパリ感も戻り、美味しい韓国海苔に仕上がります。


■4:油で揚げて「天ぷら」に

衣をつけて天ぷらにするのもありです。揚げる際は、海苔の片面にだけ衣をつけるようにします。こうすることで、揚げても丸まらずにキレイに見映えよく仕上がります。しなしなだった海苔が、サクサクの料理に生まれ変わります。


いかがでしたか? ごはんのお供に最適の海苔の再利用法でした。湿気てしまった海苔でも十分に味は楽しめますが、まずは湿気させないように保存することです。開封したあとは密閉容器などに入れて、空気に触れさせないように保存しましょう。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170119ogawa002

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事