LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ダイエット中でも美バストキープ!美胸メイクのメソッド3つ

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

見事ダイエットに成功したものの、バストも体重と一緒に落ちてしまった! これはよく聞くダイエットの失敗例ですね。こんな悲劇を避けるために、ダイエット中から実行しておきたいメソッドをご紹介します。

20170206yuuko001


■大胸筋を鍛えてきれいな上向きバストに

バストを支えるベースになるのが、大胸筋です。ここが鍛えられていないと、バストが下がったり、流れたりすることになります。腕立て伏せを取り入れましょう。壁に手をついて、立った姿勢で行なうと楽にできます。同時に二の腕のシェイプもできるので、お得感もあるエクササイズです。


■美バストに欠かせない「イソフラボン」の摂取を習慣に

ダイエットでも、バストアップに大切な食材を、毎日しっかり摂ることが大切です。ふっくらバストのためには、乳腺の発達をうながす「エストロゲン」の分泌量を増やすことが欠かせません。エストロゲンによく似た働きをするものとして、大豆や大豆製品に含まれる「イソフラボン」を摂ることがすすめられます。うれしいことにイソフラボンは、私たちの食生活に身近な、大豆や大豆製品に豊富に含まれています。納豆、豆乳、豆腐、味噌、油揚げ、きな粉など、どれも手軽に毎日摂れるものばかりです。1日1度は食卓にとり入れて、ハリのある美バストを目指しましょう!


■美バストのためのおすすめレシピ

キャベツとわかめの豆乳味噌スープ

【材料】

キャベツ 1/4個
わかめ(乾燥) 大さじ1
豆乳 200cc
だし汁 200cc
味噌 大さじ1

【作り方】

1.キャベツはざく切りにしておく。
2.鍋にだし汁を入れて、沸騰させたら1とわかめを入れる。
3.さっと火が通ったら、豆乳、味噌を加えて温めれば出来上がり。


■簡単マッサージで血行とリンパの流れをよくしましょう!

マッサージも、バストアップに欠かせないメソッドです。血行やリンパの流れがよくなると、バストの形もきれいに整い、下がってくるのも防げますので、習慣にしたいところです。乳腺に気持ちのいい刺激を与えることで、前述したバストアップをうながすホルモン、エストロゲンの分泌も活発に。おすすめは、バスタイムでの実践です。ボディソープですべりをよくして行ないましょう。

マッサージ方法

1.手のひらを胸の外へ置いたら、バスト全体を持ち上げるようにします。
2.そして内側にバストを寄せ、外側に向かって円を描くように動かします。これを10セット行います。


コートを脱ぐ季節まで、まだまだ時間があります。今からチャーミングなバストづくりに励みましょう。
(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

【関連記事】
キュッと上向き美尻に!簡単エクササイズで美ヒップライン

【参考】
成分情報 イソフラボン – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20170206yuuko001

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら