LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

塩分過剰はくっきりシワの原因!?「減塩のための三種の神器」とは

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

砂糖など、糖質の摂り過ぎを気にされている方は多いと思いますが、『塩』はどうでしょうか? 一見、なんの関係もなさそうな塩とお肌ですが、実はエイジングに意外な関係が! 塩分の摂り過ぎは、骨密度の低下につながり、低い人ほどシワが深くなるとか……。『塩』とお肌は、どのような関係にあるのでしょうか。

20141107iwata60

 ■塩分の過剰摂取はシワを深くする!?

塩分の摂り過ぎで、ナトリウム濃度が高くなると、尿からもナトリウムを排出します。製鉄記念八幡病院の土橋副院長によれば、ナトリウムと同時にカルシウムの排出量も増えるとのこと。すると体内のカルシウム量が減少し、骨粗しょう症になるリスクが高まるそう。
骨粗しょう症以外に、カルシウムとお肌との関係も気になるところ! エール大学の研究によれば、骨密度の低い人ほど皮膚のしわが深くなり、悪化するそうなのです。骨の中のカルシウムが溶け出すことで骨密度が低下し、同時に「I型コラーゲン」も減ってしまいます。皮膚と骨は、同じI型コラーゲンで構成されているため、体内のカルシウムが減ってしまうと、しわの出現へとつながってしまうようです。

 

■減塩のための「三種の神器」

(1)ハーブ&スパイス
塩を減らすと、なんとなくお料理に物足りなさを感じますが、ハーブやスパイスの香りは味わいを深めます。塩分が多くなりがちなのは、ドレッシングや醤油の使い過ぎ。サラダにはハーブやスパイスを加える、冷奴には生姜やシソを添えるなど、ハーブ&スパイスの香りで食材を楽しみましょう。

(2)出汁
昆布や鰹節のうま味成分「グルタミン酸」には、脳の報酬系と呼ばれる部分を刺激して、気持ちを満足させる効果があります。お味噌汁も塩分過剰になりがちですから、しっかりと出汁をとって減塩を心がけましょう。
※「グルタミン酸」と「グルタミン酸ナトリウム」は異なりますので、ご注意ください。

(3)酢
酢を加えることで味が引き締まり、塩を減らすことができます。また酢に含まれるクエン酸には、カルシウムの吸収をサポートする作用もあり一石二鳥。酸味が苦手な方は、赤酢やバルサミコ酢など、酸味の少ない酢でチャレンジしてみて!

日本人の平均食塩摂取量は約10g。減塩目標は6gとされていますが、健康な方であれば8g以内を目標にすると良いと言われています。お肌のためはもちろん、健康な身体作りのためにも三種の食品を活用して、減塩を目指してみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

 【関連記事】
シワやニキビの原因!?脱「乾燥」のため取り入れたい身近な食べ物3つ

【参考】
予防医学だよりvol.1 – MSD(PDF)
女性の顏のしわと骨密度に関連性、米研究 – AFPBB News
成分情報 酢わかさ生活
成分情報 グルタミン酸 – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20141107iwata60

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事