LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

お疲れ胃腸に染み渡る〜!米屋が教える本格お粥&雑炊レシピ

澁谷梨絵

マイスター写真①

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年末年始、忘年会や新年会などで暴飲暴食になりがちですよね。そんなくたくたの疲労困憊の胃腸に染み渡る、身体に優しい本格的なお粥と雑炊を伝授します!

40846124_l

■お粥と雑炊の違いって?

お粥と雑炊って似ている気がするけど、そもそも違いはあるの? と思う方も多いはず。お粥とは、水を多めに加えて生米から炊き上げたものをいいます。「生米」から炊くというのがポイント。雑炊とは、ご飯を水で洗って表面の粘りを取り除き、具と一緒に煮込み、醤油や味噌などで味付けしたもの。ご飯の量を水で増やすことから「ぞうすい」や色々な具材と炊き上げることから「雑炊」とも言われています。また、誤解しやすいと言えば、おじやとリゾット。「おじや」とはごはんを水で洗わずにそのまま煮込んでとろっと仕上げたものをいい、リゾットとはイタリア語で「米(riso)」と「最高に美味しい(ottimo)」を合わせた造語で、米をブイヨンで煮込み、アルデンテに仕上げます。米を洗わずに使うため、周りの粉がとろみとなり、旨みを引き出します。

 

■簡単本格中華粥レシピ

筆者が香港で食べた本格的な中華粥を思い起させるほど、とっても美味しい中華粥です。簡単なのでぜひお試しを!

【材料】

・米 1カップ、・水 7カップ、・ほたて貝柱水煮 1缶(120g)、・生姜の千切り 1欠片、・鶏ガラスープの素 大さじ3/4、・塩 少々、・胡椒 少々、・ごま油 少々、・ネギ 少々

【作り方】

1.米を洗い、水とほたての汁を入れて強火にし、沸騰したら弱火にして炊きあがていく。(※焦げないように時々混ぜること。)

2.お米がふっくら軟らかくなったら、生姜の千切り、鶏がらスープの素、塩コショウを加えて、少々煮込み、最後に盛り付けてからホタテとネギを真ん中に盛り付け、ごま油を回し掛けて、出来上がり。

 

■簡単フリーズドライ雑炊

フリーズドライを使うからと言って侮るなかれ! 旨みが凝縮されたとっても美味しい雑炊に仕上がります。

【材料】

・炊いたごはん 1膳、・きのこ(しめじ、えのき) 50g、・お酒 大さじ1、・醤油 少々、・水 1.2カップ、松茸スープの素

【作り方】

1.ご飯を水洗いし、ざるにあげておく。

2.しめじ・えのきを食べやすい大きさにカットし、お酒を振って電子レンジで1分チンする。

3.お鍋にお水を入れたら沸騰直前に火を弱め、松茸スープの素を入れて混ぜたら、ご飯ときのこを入れて中火で3分コトコト煮る。弱火にして、少量の醤油を回し入れたら火を止めて、5分蒸らして出来上がり。

 

お米は、水分たっぷりで煮込むことによって、芯まで軟らかくなり、より一層消化吸収しやすくなります。疲れた年始にこそ、胃腸に負担の掛かりにくいお粥や雑炊で身体を休めてみて! 雑穀・玄米雑炊やお粥は、硬さが残って消化吸収が鈍るため、今の時期は白米で作るのがオススメです。
(5ツ星お米マイスター/澁谷梨絵)

【関連記事】
食のプロも実践!料理がぐっと美味しくなる“油の使い分け”

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

40846124_l

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事