LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

毎日モリモリ野菜!美容家直伝「簡単タレ・ドレッシング」レシピ5つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

野菜に含まれる栄養素にはビタミン、ミネラル、フィトケミカルなどがあり、内側からのエイジングケアに欠かせません。沢山食べたほうが良いと判っていても、毎日同じドレッシングでサラダは飽きるし、温野菜の味付けはマヨネーズばかり…と、食べ方にお困りの方も多いのではないでしょうか? そこで、美養フードクリエイターである筆者が、毎日美味しく野菜を続けるために作っている「タレ」をご紹介したいと思います。どれも「混ぜるだけ!」の簡単さですよ。

20141111iwata63

 ■温野菜と生野菜は使い分けて!

(1)加熱がおすすめの野菜

  • トマト … リコピンの吸収率がUPするそう
  • ニンジン、ホウレンソウ … β-カロテンの吸収率がUP
  • 玉ねぎ … 血液サラサラに期待するなら

 (2)生がおすすめの野菜

  • ブロッコリースプラウト … フィトケミカルの一種「スルフォラファン」は、ブロッコリースプラウトに含まれるミロシナーゼという酵素に反応して生まれます。ミロシナーゼは熱に弱いため、生がおすすめ。
  • 山芋 … 消化酵素の「アミラーゼ」や「ジアスターゼ」、糖の吸収を穏やかにするといわれる山芋のネバネバ成分「ムチン」は熱に弱いので生がおすすめ。

このほか、水溶性ビタミンや水溶性ポリフェノールの多い、紫キャベツ、大根、ゴボウなども生食が適しています。

 

■混ぜるだけ!簡単タレレシピ5つ

<コンソメタレ>
固形コンソメ(500ml分)を酢大さじ1でよく溶く。みじん切りにした玉ねぎ大さじ1程度と、オリーブオイル大さじ3を加えて混ぜるだけ。お好みでカレー粉を加えても美味しいですよ。

<塩レモンダレ>
塩レモンに、オリーブオイルなど、お好みのオイルを混ぜるだけ。塩レモンの代わりに柚子コショウを使ってもOK。

<マスカルポーネタレ>
マスカルポーネ大さじ2に、みじん切りにしたケイパー大さじ1、みじん切りにした玉ねぎ大さじ1を混ぜます。塩とコショウで味を調えて出来上がり。

<ごまみそダレ>
味噌・ゴマペースト各大さじ1を良く混ぜ、お好みで、すりおろしたニンニクを少々加えます。

<梅干しダレ>
梅干し1個をペースト状にします。そこに、みじん切りにした玉ねぎ大さじ1程度、すりおろしたニンニク少々、みりん大さじ1/2、醤油小さじ1、オリーブオイル大さじ1を良く混ぜます。お好みで鰹節を入れても美味しい!

簡単タレは、冷蔵庫に入れて保存できます。味のバリエーションが増えれば、毎日野菜を食べるのが楽しみになるかも!? どれも簡単ですから、ぜひチャレンジしてみて!
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
むしろ加熱が正解!?「抗酸化」パワーが高まる超身近な野菜3つ

【参考】
ブロッコリー スーパースプラウト − 村上農園
成分情報 山芋(とろろ) − わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20141111iwata63

Related Article関連記事

最新の記事